それは見たくなかった! 男性が女性に幻滅する瞬間

2015.08.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

もしかしたら女性が普段、何気なくしている言動のなかにも男性を幻滅させるものがあるかもしれません。女性の目線とはあきらかに違う男性の目線……。男性はどのような瞬間に女性に幻滅するのか、気になりますよね。そこで男性が女性に幻滅した瞬間をリサーチしてみました。好きな男性の前では、絶対に控えたい言動ばかりがとび出しますよ。

他人の悪口やグチを言う

「やさしい印象だったA子だけど、あるとき友達に他人の悪口を言いつづけているのをきいてしまった。A子は相当お怒りモードだったから、よほどのなにかがあったのだろう、と最初は思っていたけど、きこえてくる悪口をきいているうちに、たんに自分が責任をとりたくないから他人を悪く言って責任転嫁したいだけだとわかり幻滅した」
(28歳:建設)

「ちょっといいムードだった子と飲みにいったんだけど、彼女はご機嫌ななめの様子。『どうしたの? 話きくよ』と言ったものの10分後には後悔してた。だって、彼女は会社のグチを言いつづけたんだもん。30分くらいは黙ってきいていたけど、そのうちきくのも嫌になっちゃって、そうそうに切りあげて帰ってきた。彼女には幻滅したよ」
(32歳:広告)

食事のマナーがなってない

「好きだった子とはじめてご飯を食べにいくことになったんだけど、彼女の食事の仕方は最悪だった。パスタはすすって食べるし、フォークをグーで握ってた……。さすがに一緒にいるのも恥ずかしくなって、食事がおわると同時に解散した。彼女への気持ちは冷めてしまった」
(30歳:メーカー)

「酔っ払っていたのもあるかもしれないけど、気になっていた子が唾をとばしながら話してきて、幻滅してしまったことがある。普通は唾がとんでしまったことに気づいて“ごめん”とか言うものじゃないかな。彼女は気にせず、唾をとばしながら話しつづけて、ハッキリ言って汚かった」
(25歳:アパレル)

メイクやファッションがひどい

「すごくかわいらしい子とデートした日。待ち合わせの場所に到着した途端に幻滅した。彼女は二日酔いだったらしいんだけど、それにしてもノーメイクはないよな。顔色はあきらかに青ざめていて悪かったし、目の下のクマもすごくて別人かと思った。“来るんじゃなかった”と思ったよ」
(26歳:制作)

「まるでパジャマのような上下花柄のファッションで待ちあわせ場所にあらわれた子がいたよ。さすがに一緒に歩くことに抵抗を感じて、近くにあったカフェに入ったんだけど、まわりからはジロジロ見られるし、恥ずかしい気分になった。彼女とはそれ以来、一度も会っていない」
(31歳:経理)

ヘビースモーカーだった

「清楚で育ちのよさそうな彼女とお茶したときのこと。席につくなり、いきなりタバコをとり出してプカプカとすいはじめた。タバコをすわない俺は、その時点でじゃっかん引いてたけど、そのあとも彼女は何本も立てつづけにタバコをすいつづけて、もう幻滅しか感じなかった」
(29歳:営業)

経験人数が多いすぎる

「好きだった会社の同僚。二人だけで飲みにいく機会ができて、すごくうれしかった。なのに、彼女の口からとび出した過去の男性経験にはドン引き。経験人数が三桁をこえていた。当然、気持ちは冷めてしまった」
(35歳:エンジニア)

2015.08.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 羽音(はのん)

都内在住のライター/編集者/コンテンツディレクター。 17歳の頃、演劇をはじめ次第に舞台脚本に興味を持ち、紆余曲折を経てライターに……。映画、旅行、自然が大好き。

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介