幸せな恋をつかみたいなら、まずはこんな誤解を捨ててみよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2015.07.12.Sun

リアルに充実した恋愛をするのがなんとも難しい昨今。でもやっぱりお年頃なら“素敵な恋をしたい”と思うものではないでしょうか。自然と好きな人ができて恋に落ちることができればいいのですが、なかなか自分の心のままに感じて行動することができないという人も多いことでしょう。
マンガ・ドラマ・雑誌・ネット――ちまたには恋愛に関する情報があふれています。自分にとってなにが大切か、またほんとうに役立つことはなにか、見極めることはなかなか至難の業です。なかにはせっかくの恋心にストップをかけてしまうようなものもあって、じつはそんなことがネックとなり、恋愛から遠ざかってしまっていることがあるかもしれません。
そこで今回は、幸せな恋をつかむために、あえて捨てるべき“誤解”についてまとめてみました。

誤解その1: “運命の人”はこの世にたった一人しかいないと思う

“いつか私のすべてを愛してくれる白馬に乗った王子様があらわれる……”なんて幻想を抱いていいのは少女マンガの世界だけ。恋愛の形はさまざまであり、相手によって自分も大きく変わります。幸せな結婚をしている人もよく相手のことを、「最初会ったときは、ぜんぜんピンとこなかった」というのを聞いたことがありませんか? あなたの人生を大きく変える恋愛相手となる人は、この世に一人しかいないなんてことはけっしてありません。もっと未知なる可能性にも賭けてみましょう。

誤解その2: 恋愛を楽しむためには、なにかを犠牲にしなければいけない

今、彼氏ナシで独身を謳歌している人は、「今は仕事が充実しているし、女友だちとワイワイするほうが楽しいし、それにこの自由は手放せない!」などさまざまな理由をつけて、恋愛から遠ざかっていることを肯定しようとしていませんか? その裏には、「恋愛をしたら、彼氏をなにごとにも優先させなきゃいけないし、面倒くさい」という思いがひそんでいるのかもしれません。でもお互いのニーズを尊重できる相手とだったら、“なにかを犠牲にしないと続かない”とは思いません。恋愛相手から精神的なサポートを受け、もっともっと前向きにいろんなことにチャレンジできるようになるはずです。

誤解その3: 恋人さえできれば、人生バラ色になるに違いない

恋愛から遠ざかっている期間が長ければ長いほど、「恋人さえできたら、人生もっとよくなるはずなのに」という思いにはまり込みがち。だってちまたには幸せそうなカップルがあふれているし、SNSにも恋愛真っ最中な友だちのラブラブな投稿がたくさんあるから……。
でもちょっと待って。そう思う気持ちもわからなくはないですが、恋愛は人生の悩みやうっぷんをすべて解消してくれる魔法の特効薬ではありません。たしかに恋愛は日常生活に刺激をもたらしてくれますが、急に自分が変わるわけでもないし、むしろ今までになかった悩みが出てくることだってあるでしょう。恋人のいる・いないにかかわらず、人生を楽しめるかどうかは結局自分次第なのです。

いかがですか? しばらく恋愛から遠ざかっていた人も、心をかたくなにしていた思い込みや誤解を捨ててみることで、すてきな恋のチャンスをつかんでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。