恋せよ乙女! 婚活女子もそうでない方も知っておきたい、新しい出会いのあり方

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2015.04.13.Mon

恋は、女性を美しくさせます。……それは言わずと知れた定説ですが、恋とはどこにあるのでしょう。「結婚をしたい、でも恋人がいない、好きな人だっていないし、そもそも出会いがない!」と嘆く方、そこの出会いを作ろうと街コンや婚活パーティーに行きまくったにも関わらず、成果が出ずに疲れ果てている方、それぞれいらっしゃるかと思います。
今回は悩める現代女性にぴったりな新しい婚活のスタイルや出会いのあり方を、3つピックアップいたしました。

婚活 × 美味しいもの

まず皆様にご紹介したいのは、おいしいものを食べる婚活です。……ん? それじゃちょっといい婚活パーティーと変わらないよね? なんて思いがちですが、とんでもない。通称「晩飯会」のコンセプトはずばり、“おいしいご飯を食べながら、友達をつくろう”! そう、恋人ではなく友達をつくることを目的としている点が、いわゆる婚活パーティーと一線を画するポイントなのです。変に恋愛面での期待をせずに力を抜いて楽しむことで、本来の自分の良さが出せます。会話ももちろんですが、例えば女の子が本当においしそうに白米を頬張るあの笑顔。例えば幸せそうにお肉に食らい付くあの充実感。そんな女性の姿を愛おしく思う男性はたくさんいることでしょう。その結果として、恋人になれました・結婚できましたというカップルも多いのだとか。

婚活 × 朝、走る

巷で数多く取り上げられている婚活は、趣味コン。読書や楽器、ゲームなどがメジャーです。その中でも徐々に人気が出てきているのが、「RUNコン」。読んで字のごとく、走りながら出会うわけです。参加メンバーの中には東京マラソンの経験者がいるなど、わりと本格派。本気でダイエットに頑張る女性や、体を動かすことが好きな女性に向いていそうです。RUNコンは朝に行われることが多く、そのメリットは数多くあります。お酒を飲まないので相手の表情がよく分かり、同時に自らの失態を招く事態にならないということ。朝の気持ち良い環境の中で共通体験を通じて、仲間意識が芽生えやすくなるということ。それから、気合いを入れてオシャレをする必要がないので、身も心も普段着状態で親しくなれるということ。婚活パーティーで出会った彼、付き合うとギャップにドン引き……なんてパターンが多い女性にこそ、オススメです。

婚活 × ボランティア

みんなで街や海岸のゴミ拾いをしたり、地球の砂漠化を防ごうと植林をしたり、地域のお祭りやイベントのお手伝いをしたり……。「婚活×ボランティア」は、誰かの役に立ちながら婚活をするという画期的なアイデアです。これまでボランティアをしていた人のみではなく、興味はあるけれどまだ経験はない、という人でももちろん参加可能です。婚活パーティーと違い、お互いに自然体な会話ができるので、口下手な人でも大丈夫。また、着飾らない素直な気持ちでボランティアをすることで自分自身が磨かれます。一石二鳥も三鳥もある、婚活×ボランティア。ぜひ一度、参加してみてはいかがでしょうか。

肩肘張って「婚活!!!!」と意気込みすぎず、ナチュラルな姿で出会うことが大切なのかもしれませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

香 みちる (カオリ ミチル)

都内在住のジュエリーデザイナー。
好きな宝石はダイヤモンド。好きな香りはムスク。
趣味は乗馬、バイオリン、旅行、そしてSM。