肉食男子に学べ!  恋愛必勝の方程式はこれだ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2015.03.06.Fri

筆者はふいに思っいました。

「世の中、草食男子だのロールキャベツ男子だのが流行ってはいるけど、昔も今も仕事も恋愛もいいところを食べていくのは、肉食男子よね」

世の中、弱肉強食。やはり最後においしいところを食べていくのは肉食ですし、獣の王様は肉食のライオン。これは不動です。ならば、恋愛も肉食男子にならった方がいいとこ持っていける! そんなこんなで、自他ともに認める肉食男子から学びました。肉食男子の恋愛必勝法、行ってみましょう。

「肉食必勝法 周り構わず食いたきゃ食え!」

これは筆者の言葉じゃないですよ。筆者の元職場の上司のお言葉です。
その方は上場企業の専務で、現在40台半ば。可愛らしい奥さんと溺愛される一人息子とともに、暮らしている肉食さんです。この度埼玉の駅近くにマンションを購入されたとか。
「奥さんとの出会いは?」と聞いたところ、「とにかく職場で好きだと思った子を片っ端からアタックしたし、一番可愛い子は全部俺が食った」とのことで。わぁお。これぞ、肉食。

「好きな女を手に入れるためなら、なりふり構うな」

こちらは、筆者の知人で50代の社長さんのお言葉。肉食は目的のために手段を選ばないわけですね。
「周りをまず固めるし、周りにNOは言わせない。俺の狙った女には手を出させないようにする」とのこと。ギラッギラですが、ここまで真っ直ぐだと応援したくなるのかも。
「部下に公私混同って言われるけどな。好きなんだから仕方ないだろ」。あっぱれです。

綿密なデートプランで夜に持ち込む

「あまりガチガチに固めると向こうも引くけど、デートプランは一時間単位で決まってる。とにかく夜に持ち込む。雰囲気作るのは男の仕事」。
こちらは、三人の子持ちの30代社長さんのお言葉。タイムテーブルを組む理由は、「自分がテンパるのを防ぐため」とのこと。綿密な準備をして、万が一に備えるのだとか。
「デートプランをタイムテーブルで渡したらひんしゅくを買ったんだよ」と、こちらは二児の父である60代公務員の方のコメント。
確かにタイムテーブルを渡されたらドン引きしますけど、心遣いは嬉しいですし、ノープランで来られるよりはいいかも。

自己中心な位の強引さ+めげないメンタル=素直=恋愛必勝

今回お話をいただいた方から、共通していただいたコメントは「フラれても、あしらわれても、めげないメンタルが絶対に大事」ということでした。
「そもそもフラれて当たり前。あしらってくるのが女。嘘つくのが女。それがよくてそれが魅力なんだから、とにかくめげず、好きになったら振り向かせる努力を惜しむな!」
ということでした。

肉食男子も傷ついたりめげたりはするけど、それでも振り向かせたいという欲求に真っ直ぐで、自分の気持ちに素直だからこそ、手に入るものがあったということでしょう。
負けたくないですね。
恋愛では草食女子の筆者も、たくさん目からウロコが落ちました。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

立羽 朝妓 Tateha Asagi

広島の山奥にある大学を卒業後、上京。
着ぐるみのスーツアクター、俳優・声優として活動後、エステティシャンとなる。
現在は、都内で劇団『タカラサガシゲキ団』の代表として、脚本・演出家として活動中。
オフに楽しむ梅酒と枝豆が何よりの至福。
暴走系ひきこもり女です。ご贔屓にどうぞ。

Twitter:@tateha_asagi
『タカラサガシゲキ団』
http://ameblo.jp/takarasagashigekidan/