LINEの既読スルーを気にしすぎるあなたへ。LINEでモメた時の処方箋 前編

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2015.03.24.Tue

「LINE」に既読機能がなきゃいいのに……そんな愚痴をよく耳にしますけれど、あるんだから仕方ないじゃないですか。身も蓋もないことを言いますが、機能がある以上それとうまく付き合っていくしかないのです。彼のいびきと同じようにね!
さて、今回はLINEの「既読スルー」を気にしすぎるあなたに捧げます。
筆者も一度、LINEに関しては修羅場を経験したことがありまして。あの、独特なヤキモキする感情はよく分かります。お恥ずかしい話ですが、LINEを返しただの、既読スルーがなんだので大ゲンカをしたことがあるのです。その後、大ゲンカした相手と今日ご紹介する方法を実践し、なんとか崩壊しかけた関係を修復することができました。
その時の経験をふまえて、今回はお話しましょう。LINEでモメた時の処方箋、いってみましょう~。

1.お互いにとって、LINEってどんなものなのかをシェアする

こちらにとってはかけがえのない連絡手段であっても、相手にとって連絡事項を知るだけのツールならすれ違って当然です。通知をオフにしてたり、1日1回しかLINEのチェックをしないという人もいます。自分にとっての認識が、イコール相手の認識ではないのです。相手にとっての認識がどうなのか? まず、相手の考えに耳を傾けましょう。
人の行動には、必ず理由があるのです。つまり、既読スルーには必ず理由があるのです。
既読スルーが怖いなら、そもそもLINEなんてするべきじゃないです。加えて、厳しいことを言うならば、既読スルーについて「なんで、返事なかったんだろう?」って聞けない程度の関係性なら、その人とはそれ以上深い関係にはなれませんよ。
見えないところで疑うより、お互いの膝を突き合わすことです。逃げてもなにも始まりませんよ。あなたならよく分かってるはずです。

2.ふたりのルールを決めてみる

筆者の場合ですが、相手と話し合ってまず、二人の間でLINEを使うのをやめました。
連絡はメールにして、LINEは反応が遅くても気にしないこと。そして急ぎの時は電話をしよう、と決めたんです。既読がストレスならそれをなくせばいいだけのことなのです。筆者もその時初めて、そもそも「既読スルーやめてほしい」とか言うこと自体、ただの自分のわがままだということに気づいたんです。……相手の逆鱗に触れて、初めてわかったんですけどね。

2のふたりのルールに関しては、当人同士でいろいろなルールを決めて頂ければいいかなと思いますが、コツとしては「LINEをお休みする」というのを外さないでください。
「LINEをやめたら、関係が薄くなるかも?」なんていう心配はご無用。なんてったって、「LINEでわかるのは、彼のたった7%」。このお話は以前コラムでしましたよね。まったく問題ございません。

後編に続きますよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

立羽 朝妓 Tateha Asagi

広島の山奥にある大学を卒業後、上京。
着ぐるみのスーツアクター、俳優・声優として活動後、エステティシャンとなる。
現在は、都内で劇団『タカラサガシゲキ団』の代表として、脚本・演出家として活動中。
オフに楽しむ梅酒と枝豆が何よりの至福。
暴走系ひきこもり女です。ご贔屓にどうぞ。

Twitter:@tateha_asagi
『タカラサガシゲキ団』
http://ameblo.jp/takarasagashigekidan/