せっかく結婚したのに……妻を落胆させる夫の豹変ぶりとは??

2015.03.10

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

愛しあってめでたく結婚、一緒に暮らしてますます幸せに……というのが理想ですが、現実はそうもいかないことも多いようです。特に新婚当初は幸せ気分満載というイメージがありますが、じつは結婚を機に夫が豹変し、妻が戸惑ったり、落胆したりすることも珍しくないのです。
でも結婚して幸せになっていると思われたいので、そんな悩みを周囲に打ち明けることもなかなか出来ないのだとか……。これはちょっと気になるお悩みです。ではどんなふうに夫が豹変するのか、典型的なパターンをまとめてみました。もし結婚を考えている相手がいるなら、彼にこんな要素がないかどうか、しっかりと見極めてくださいね!

あらゆることに干渉し、妻のことを“コントロール”するようになった

結婚した途端、あからさまに妻に対する支配欲が増大し、あらゆることに干渉してくるようになるタイプの男性が少なからずいるといいます。「どこで何をしている」、「○時までには家に帰ってこい」、「飲み会にはあまり行くな」などなど自分勝手な欲求ばかり。結婚したとはいえ、夫婦は別人格であることを忘れてはいけません。妻のライフスタイルや人格を全否定するような夫は、こちらから願い下げです。

妻の存在を当然のことととらえるどころか、“モノ”扱いするようになった

恋愛中は、優しく大切にしてくれていたのに、結婚したらもはや“空気”のような存在扱い。“家にいて俺の帰りを待っていて当然”のように思い込んでしまうタイプです。愛し合って夫婦になったのですから、その愛情をいかに保っていくかということはお互いにとっての務めです。それなのに、愛情やレスペクトが感じられず、もはや“モノ”扱いするようになってしまっては、夫婦関係は急速に冷え切ってしまうことでしょう。

家事をしないどころか、妻の家事のやり方に文句やケチをつけるようになった

まだ恋人同士で同棲していた頃は家事も少しはやっていたのに、結婚したら恋人から、“家政婦”に降格?? なんて思ってしまうくらい家事をぱったりと何もやらなくなってしまった……というのも妻を落胆させる大きな要素のひとつです。これも毎日のことだと積もり積もって大きなストレスとなり、ある日突然怒りを爆発させてしまうこともあります。
夫婦とは対等なパートナーであり、家庭という“ユニット”を運営していくにはチームワークが欠かせません。お互いが心地よく暮らせるためのルールや決まり事をきちんと決めておくことが大切になってきます。

怒りっぽくなり、乱暴な言葉遣いが多くなった

結婚して夫という立場になったことを優位に感じているのか、上から目線で妻のことを見ることが多くなった。些細なことでも怒ったり、イライラし、言葉遣いも乱暴になった……なんて豹変ぶりを見せる夫たちも……。身内だと思って気が緩んでいる証拠ですが、いくら大人の男性でもこれは精神的にはまだまだ未熟な証。言葉による威嚇や嫌がらせだって立派なDVだということをはっきりと自覚させる必要があります。

参考記事(海外サイト):10 ugly things awful husbands do to their wives

2015.03.10

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介