ハッピーな恋愛関係を築くために、覚えておきたい小さな習慣たち

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2015.03.28.Sat

彼とハッピーな関係を維持するのに大切なのは、毎日の生活のなかでもちょっとした思いやり。でも私たちはそんなシンプルなことをいとも簡単に忘れてしまいがちです。付き合いが長くなって、距離が近くなっても、初めて会った頃のときめきとドキドキ感を忘れないようにしましょう。そして良好な関係のためにもぜひ覚えておいてほしい小さな習慣たちについてまとめてみました。ときどきこれらを見直しながら、彼にやさしく接するように気をつけてみて。そうすれば、ラブラブな関係がきっと維持できるはずです。

習慣1:毎日ちょっとした“褒め言葉”を相手にかける

恋人同士でも、いざとなると相手に褒め言葉をかけるというのはなかなか照れくさいものではないでしょうか。でも恋人からポジティブなフィードバックを聞けるカップルのほうが幸福度が高いというのは真実です。あまり深く考え込まず、「今日のネクタイ、いい色ね」というようにワンポイントのコメントでもOK。相手のいいと思うところは、どんどん褒めてみるべきです。

習慣2:パートナーに子ども時代のことを根掘り葉掘り聞いてみる

子ども時代をどんなふうに振り返るか、ということはその人の人生観がかなりはっきりと投影されるものです。またパートナーをより深く理解する意味でも、どんな子供時代を送ったのか、なにが好きだったのか、将来の夢は何だったのか、いろいろ聞いてみましょう。もちろん自分のこともよく話してみるべき、思わぬ共通点が見つかったりするとうれしいものです。

習慣3:テレビを見る代わりに、交代で物語を相手に読み聞かせる、あるいはカードゲームをする

せっかく二人で過ごす夜のリラックスタイム、ただ漫然とテレビを見て過ごしていたりしませんか? 恋人同士で一緒に過ごせる時間はなかなか貴重なもの、テレビを消してもっとインタラクティブな時を過ごしてみましょう。交代で本の読み聞かせをするというのもおすすめのひとつ。読み聞かせというと子ども相手のものという印象があるかもしれませんが、本の内容をよく咀嚼するには耳で聞いてみることも大切です。そこからいろんな意見が生まれて、ふたりで熱くディスカッションできるようならかなり有意義な時間の過ごし方。あるいはあえてレトロにカードゲームに高じてみるのも一興です。ただ無言でテレビ画面を眺めているだけより、ずっと楽しい時間の過ごし方だと思いませんか?

習慣4:一緒に料理をする

週末くらいふたりで一緒に料理をしてみるのもいい習慣です。手を動かしながらだと、自然と会話も弾むし、料理という“共同作業”は心の距離感も縮めてくれる効果があります。どちらかが料理が苦手というなら、野菜を切ったりといった下準備程度でも構いません。お酒でも軽く飲みながら、料理という家事を二人で楽しむ共同作業に変えてみましょう。

参考記事(海外サイト):The tiny steps that’ll transform your life: From relationships to money, a new book reveals the ingenious tweaks that make a BIG difference

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。