磨くべきものは「女子力」よりも○○! 次世代を生き抜く女子に必要なもの

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2015.01.26.Mon

女子力という言葉がすっかり浸透し、今では使い古されて「女子力(笑)」なんて扱われ方をしている今日この頃。最近では「女子力男子」なるワードも飛び出し、自分磨きに余念のない男女が増えてきています。「モテるためには」「愛されるためには」と夢中になって自らの外見を手入れし、モテ台詞なるものをつぶやく日々。
もちろん、異性慣れしておくことや不快に思われないための清潔感や、常識的なお洒落は生活していくなかでも大切な要素のひとつ。とはいえ、女子力ばかりを磨いていても幸せになれるわけではありません。今の時代でモテるためにはどんな力が大事なのでしょうか?

爪なんか磨いている場合じゃなかった

若い世代であればあるほど「自分らしさ」を大切にする人が増えています。男性も女性も誰かから「愛されたい!」という欲求、そしてSNSを通した「認められたい!」という承認欲求が渦巻くなか、みんながみんな自分を磨いています。
もちろん、自分を高めるために自己投資することも時には大切です。とはいえ、自分の顔ばかり磨いていても仕方ありません。誰だって自分を認めてもらえたら嬉しいもの。爪を磨いている時間に、人のちょっとした変化に気づき、褒めるほうが恋愛には発展しやすいでしょう。

「女子力」よりも「人間力」を高めよう

もう至るところに書き尽くされていると思いますが、男性にどっぷりと寄りかかってすべてに依存しようとする女性はモテません。相手に幸せにしてもらおうと考えている(つまり自分のことしか考えていない)うちは、幸せからもっとも遠い場所にいます。「女」を武器にして男性に媚びるよりも、人間として人から一目置かれる存在になるほうが、長い目でみたときにも生きやすいもの。人は必ず年をとります。若さを切り売りするような生活をしていては、後々後悔することになりますよ。

「女子力」よりも「生活力」を高めよう

あなたは次のような男性とお付き合いしたいですか?

・30代にして実家暮らし
・洗濯もご飯も掃除もすべて母親任せ
・母親からお弁当を作ってもらっている
・母親に服を選んでもらっている

誰だって、いい歳をした大人が経済的に、そして生活の全般を親に依存している男性とはお付き合いしたいとは思いませんよね。男性もそれは同じです。いい年をして生活のほとんどを親に依存し、養ってもらっている女性では大人としての関係を築きにくいでしょう。「お金ないから一人暮らしができない」は理由になりません。ある程度の年齢になったら(介護等の家庭の事情がある場合をのぞいて)「お金がなくても一人暮らしをしなくてはいけない」のです。また、親のすねをかじりながら生活し、エステや結婚相談所に登録して自分を磨いている呑気な女性と誰が将来を一緒に歩みたいと思うでしょうか?
女子力よりも前に、自分ひとりを養える「生活力」を磨きましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれ。ライター/コラムニスト。

メディア、広告の編集者を経てフリーライターに転身。
大学在学中からコラムの仕事を始め25歳で結婚。
コラムでは恋愛、婚活、ママ、子育てのジャンルをメインに執筆。

twitter:https://twitter.com/rizuko21
mail:[email protected]