「本当にこの人でいいの?」と思ったら…素敵な男性を見極める5つのポイント

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2015.01.29.Thu

いざ良い人と出会った! と思っても、イマイチ飛び込めなかったり踏み込めなかったりすることはよくあるもの。「本当にこの人でいいのかな?」「何か決定的な核心がほしい!」と思うこともあるかもしれません。また、恋に夢中になるあまり「客観視して相手のことを冷静に見られない!」と葛藤する女性もいるでしょう。恋愛は不思議なもので、回数を重ねたからといって必ずしも上達するとは限りません。きちんと学ばなければ同じ失敗を繰り返してしまうというのもよくある話。
そこでここでは、素敵な男性を見極めるための5つのポイントをご紹介します。

1:言葉より行動を見る

不倫中の女性は妻子を持ちながらも「お前だけだ」「結婚しよう」という男性からのあまーい囁きにくらくらしてしまうことも多いもの。口下手な人の誠実な行動を見下して、口先だけの軽い言葉を信じてしまう人もいますよね。「妻とはうまくいっていない」「離婚しようと思っている」という口だけで言うのは簡単です。言葉よりも客観的に見た彼らの行動を信じましょう。

2:職種よりも仕事に打ち込む姿を見る

相手のことをよく知らない場合は特に職種で決め付けてしまうもの。安月給だとわかるやいなや、すぐに回れ右をして去って行く女子も少なくありません。いつ何が起こるかわからない時代。会社が倒産することも大いにありえます。後ろ盾がなくなってしまったときにでも自分の力で再起することができるのかを見極めるには、相手の「仕事に対する姿勢」に目を向けるのが一番です。

3:スマートな対応以上に人の痛みがわかる人を選ぶ

「レストランでお手洗いに行っているときに会計を済ませてくれていたの!」というそれだけで、女の子はころっと恋に落ちてしまうことがあります。確かに、スマートな会計やスマートなリードは大切にされているようで魅力的に感じるもの。とはいえ、回数を重ねればある程度のスマートさは身につくものです。女性慣れした器用な行動も素敵ですが、傷ついたときにぎこちないながらも傍にいて慰めてくれたり、話を聞いてくれるような人の痛みがわかる人はとても貴重です。

4:「ごめんなさい」がちゃんと言える人を選ぶ

自分が間違っていると感じたときや、ミスをしたときに素直に「ごめんなさい」と謝ることのできる男性は柔軟な対応ができる人です。反対に、意地でも謝らず、人のせいにばかりする相手と一緒になってしまうと、この先もずっと我慢し続けることになります。単純なことですが、相手にきちんと謝罪ができることはとても大事。相手を理解し、受け入れようとする姿勢があるからです。

5:相手の短所を許せるかを考える

どんな人にも短所はつきもの。大切なのは、自分が相手の至らない点を許せるのかどうかです。なんでも許せてしまえるのは愛ではなく惰性ですが、嫌な部分を譲歩しようと思うためには愛情は必要不可欠です。

とはいえ、女の幸せは男では決まらないことを肝に銘じて

「いつも男に騙される!」と嘆いている女性は、誰と付き合っても遊び相手として雑に扱われてしまう傾向があります。男運がない自覚している人は「相手が悪いのではなく自分が相手をダメにしている」と一度考えてみるのもいいかもしれません。また「女の幸せは男で決まるから!」と血眼になって条件で見つけていてもろくな人と出逢えません。相手を見極めるより前に自分を見つめることからはじめましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。

IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。
育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。
コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。
ブログ:http://kobayashike.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/
note:https://note.mu/uchidareiko