見た目年齢+5歳!? あなたを老けさせるNGヘア

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2015.01.07.Wed

ある調査によれば「この人年齢より老けてる……」と感じる女性の特徴は“髪型”にあるんだとか。せっかくメイクやファッションで若々しさを演出しても、髪型で老けてしまっては台無し! そこで今回は、あなたの見た目年齢を+5歳してしまう“老け顔ヘア”をご紹介します。

長過ぎる

真ん中分けのべたっとしたワンレングススタイルは、まさに“老け顔ヘア”の王道。特に黒髪のロングヘアは髪を重く見せるうえ、シワやたるみなどエイジングの悪い特徴を際立たせてしまいます。長めのスタイルが好きでも、鎖骨の下のあたりまでの毛先を散らしたボブにしておくのがおすすめ。シンメトリーのぴったりボリュームを押さえたスタイルよりも、アシンメトリーやざっくりしたスタイルのほうが、シワから視線をそらすことができます。

黒髪にこだわっている

「日本人ならやっぱり黒髪!」なんて頑なにカラーを否定するのも、老け顔ヘアの一因かも!? 黒髪が純粋さや清楚さを演出してくれるのは、髪にこしがあり、つやつやしている若いうちだけ。年を重ねるとライトの辺り具合で髪が薄く見えてしまったり、影が顔にかかることでシワがはっきりと強調されてしまいます。若々しい髪色は自分の本来の髪の色から2~3トーン明るめの色味。ハイライトを顔の周りに入れるだけでも若々しい印象を与えることができます。

髪色が明るすぎる

真っ黒な髪と同じく、女性を老けさせてしまうのは明るすぎる髪色。若い頃に似合っていた色味でも、年を重ねるごとに似合わなくなるのはよくあること。また、カラーやブリーチのしすぎでパサパサになってしまった毛先は、それだけで“おばさん”の印象を作ってしまいます。自分で染めることの多い人は、一度美容師さんに似合う色味を選んでもらうのもいいかもしれません。ハイライトやローライトなどを入れることで、より立体的に若々しく仕上げてもらえますよ。

前髪をセンター分け

前髪は若々しさをプラスしてくれる必殺兵器! ふんわり柔らかい前髪はいきいきした印象で、ぐっと顔を若返らせてくれます。今まで前髪なんか作ったことなくて不安……という人は、自分の手を横向きにおでこにあてたり外したりして印象を確認してみて。すかすかの前髪では効果も半減してしまいます。前髪はすかずに重めにして、眉頭に届く程度の長さにしましょう。

トップがペタンコ

女性も男性と同じく、年を重ねるごとに髪が少なく細くなっていきます。髪のボリュームがなくなるのは、エイジングのサイン。分け目がはっきり見えてしまうような分け方は避けましょう。分け目が一直線にならないように、テールコーム(髪が分けられるように、柄の部分が長く尖ったもの)を使ってジグザグに分け目を作り、スプレー等でボリュームを持たせておくのがおすすめ。わざとらしくならない程度にトップだけふんわりカールさせるのもボリュームUPに効果的です。

老け顔ヘアから抜け出して、−5歳を目指しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。