決別? 復縁? 決断を迷ったら自分に問うべき5つのこと

2014.11.10

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

パートナーとの生活に不満だらけなのに、別れに踏み切れない……。別れた後の不安や心配事のために幸せを逃していませんか? 別れは誰にとっても大きな決断。けれど、幸せになるためには別れが必要なときだってあるはずです。今日は決断を迷ったときに自分自身に問うべき5つ質問をご紹介します。

パートナーが変わってくれると期待していませんか?

いつかわかってくれる、いつか変わってくれる……。的外れな期待を胸に、別れを先延ばしにしていませんか? 人はそう簡単に変われるものではありません。変わらないままのパートナーを愛し続けることはできますか? それが無理なら、今のパートナーと幸せになるのは困難。自分の幸せと真剣に向き合うことが必要です。

周囲の目を気にしていませんか?

パートナーと別れたら、家族や友人など周囲からの目が気になってしまう。そんな理由で別れを踏み出せないとしたら、まずは自分の幸せを優先して考えることをオススメします。パートナーと一緒にいることが自分にとって幸せなことなのか、もう一度よく考えてみて。答えはきっと見えてくるはずです。

不満の原因は本当にパートナーですか?

人生がうまくいかなくなったとき、すべてをパートナーのせいにしてしまうのは簡単ですが、本当にパートナーが不満の原因なのでしょうか? もしも、パートナー以外に原因があるならば、別れを決断するのは早すぎるかも。本当の原因を突き止めずに、常に周囲を責めてばかりいても、同じ過ちを繰り返すだけ。どんな相手と付き合っても長続きしません。まずは、じっくりと自分を向き合って不満の原因を探しだすことから始めましょう。

わけもなく疲れることがありますか?

常に疲れている上に、気持ちが沈んだり、ストレスが溜まってしまうのには、単なる疲労以外に別の問題が潜んでいる可能性が。人間は自分のしたくないことを無理強いすると疲労、頭痛や腹痛などさまざまなかたちで体調不良を引き起こします。不調の原因はなにか、まずは自分の心の声に耳を傾けてみることが肝心です。

ありのままの自分をみせることができますか?

辛いときに支えてくれるのがパートナーの存在。今の不満や悩みをパートナーに打ち明けることができますか? 話し合いやケンカを面倒くさがってばかりいれば溝は深まる一方。自分の気持ちを素直に伝えることが問題解決のカギを握っています。もしもパートナーにありのままの自分をみせることができないのであれば、大問題。パートナーとなぜ一緒にいるのか、その意義をもう一度見つめ直すことが必要です。

2014.11.10

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト! オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介