これが原因だったのか…! 「本気になってもらえない女性」の4つの特徴

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2014.11.27.Thu

なんとなくお互いにいいと思った相手と、なんとなく付き合って、なんとなく飽きて別れて……そんな恋愛を繰り返していませんか? 「なんとなく寂しいから」「なんとなくヒマだから」という理由でお互いに低体温の恋愛ではぬるい関係が続いていくだけ。どうせなら好きな人から「本命の女性」として扱われ、心から愛されたいと思いますよね。
そこでここでは、本気になってもらえない女性の特徴をご紹介します。

1:他の男性の影を感じる

「モテ自慢をしてくる人は“別に自分でなくてもいいのでは”と思う」(28歳/不動産)

▽ 自分を魅力的に見せたいあまり、男性から慕われた話や誘われた自慢をする女性は本命には選ばれにくい傾向があります。他の男性の影をちらつかせることで「私はいろんな人から必要とされている価値のある女性です」とアピールするつもりが、男性からは「そんなにいるなら別に自分でなくてもいいのでは?」と思わせてしまいます。本気にされたいのならモテ自慢はほどほどにしましょう。

2:我が強すぎる

・「いつでも自分が一番でなければ気が済まない子とは一緒にいられない」(27歳/メーカー)
・「なんでも“私が、私が”という聞く耳をもたない子といるのはしんどい」(25歳/広告)

▽ 私を見て! 私を知って! 私を認めて! 私は傷ついた! 私は可哀想! 私は頑張ってる! という何につけても「ビバ☆私」モード全開の女性は相手を辟易させます。自信があるのはいいですが、我が強いだけでは魅力的にはうつりません。相手を受け入れられるだけの器がない女性とは刹那的な付き合いをするのは楽しいですが、長続きはしないもの。自分のことばかり主張していては「一生離したくない!」とは思われません。

3:甘えさせてくれない

・「か弱すぎる子。自分が守ってあげなきゃと思うのは最初のうちだけでだんだんしんどくなってくる。恋愛をしたいんじゃなくて愛されたいだけなんだなって思う」(30歳/建築)
・「“男らしくして”と何度も言われるのはキツい。たまには甘えたいときもあるから」(29歳/自営)

▽ 女性は男性を頼るためにある、という勝手な信念のもとに依存してばかりいる女性は男性の心の拠り所にはなりません。相手にとって必要な存在になりたいのなら、ときには「私が守るから!」という勢いで相手の支えとなることも必要です。大事にされることばかり考えるのではなく、自分も相手を大事にしましょう。

4:暇そうにしている

・「友達とも遊ばずに毎日自分と会っているような子とは長続きしない」(32歳/マスコミ)
・「休日の予定全部合わせようとする子はさすがに無理」(28歳/公務員)

▽ いつでもどこでも彼と一緒、ではすぐに飽きられてしまいます。彼がいなくても充実した生活を送っていること、彼から自立した生活を送っていることが大切にされるための必須条件。彼に張り合うでもなく、彼に依存せずとも自然と楽しい毎日が送られていれば、あなたの魅力はアップするはずですよ。

以上、4つのことを心に留めて大事な人から大切にされてくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。

IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。
育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。
コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。
ブログ:http://kobayashike.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/
note:https://note.mu/uchidareiko