母親みたいになってない? 夫に「ウルサいなっ」と思わせる妻のセリフ8つ~前編

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2014.09.24.Wed

“母親のように優しく包み込んでくれる女性”が男性にモテるのは事実ですが、本当の母親のように口うるさくなってしまうのは逆効果! 「~しなさい!」なんて夫に対して母親口調になっている妻の皆さん、実はそのセリフ彼をうんざりさせているかもしれません! そこで今回は男性に思わず「ウザっ!」と思わせてしまうセリフをご紹介します。

「また服買うの? もったいないでしょ!」

お金の管理がちょっと苦手な夫のためにも私がしっかりしなきゃ! と意気込む妻も多いと思いますが、彼が稼いできてくれた収入を1円残らずあなたが管理! というのは男性にとって息苦しいもの。もしも、あなたが彼を“自分の管理ができない人”として扱ってしまうと、彼は本当に自分で考えることをやめてしまいます。彼があまりにお金の管理に無頓着で、持たせたら持たせただけパチンコにつぎ込んでしまう……というわけではない限り、ある程度金銭的にも彼の自由を認めてあげましょう。

「靴下は洗濯カゴに入れてよ!」

男性はどうして脱いだ服をそこら中に放置したがるんでしょうね……。一日履いた靴下を拾ってまわる乙女の気持ちがわからないんでしょうか……。お気づきの方も多いかもしれませんが、男性に「ちゃんと洗濯カゴに入れて!」と何十回言ったところで、ほとんど効果はありません。シンプルな解決法はただ一つ。とにかく放っておく! 「あれ? 靴下洗ってないの?」なんて言われたら「え? 洗濯カゴに入れてくれないと洗濯できないわよ~」と不敵な笑顔で言い返してあげましょう。彼が子どものように振る舞うからといって、あなたまで母親の様に振る舞う必要はありません。

「まだ飲むの? 体に悪いからもうダメ」

“~する時間よ”“~しなさい”“~してはダメ”はなるべく避けたいフレーズ。彼を子どものように教育して、自己管理ができるようにするのはあなたの役目ではありません。「私が彼の面倒を見なくちゃ」という気持ちから発せられた言葉は、特に“母親口調”になりがち。酔っぱらってテレビの前でいびきをかいている彼を見ると、ついつい「もう! 私が言わなきゃ何にもできないんだから!」と思ってしまいがちですが、彼も大人。翌日二日酔いで大いに苦しんで自分で“自己管理の大切さ”を身にしみて実感することも必要です。

「は? その服ででかけるの?」

夫婦に関するさまざまな調査から、強固な結婚を維持するためにもっとも効果的なのは“批判をしないこと”だとわかっています。高級レストランに行くのにハーフパンツはないでしょ!! と思わずイラっとしてしまうような時にも、彼の気持ちを害することなく伝えることを学ばなければなりません。彼は子どもではありませんが、この時ばかりは子どもに接するが如く聖母マリアのような気持ちで声をかけるようにして。「ハーフパンツなんか履いていったら笑われるよ!」なんて攻撃的にならず「この前買ったベージュのチノパン、すごく似合ってたから履いてよ」なんてポジティブな言い方に代えてあげましょう。

“支えてあげなきゃ”という想いが、裏目に出てしまわないように。夫婦として対等な関係を築きたいですね。
後編につづく

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。