その努力、勘違いしてない!? 資格を取得しまくる女に彼氏ができにくい2つの理由

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2014.09.25.Thu

自分磨きが大好き! お出かけも大好き! 習い事もして趣味も毎日充実させている! ……のに、なぜか恋人ができない。「努力しているからルックスも悪くないと思うし、性格も問題ないのにどうして素敵な彼氏ができないんだろう……?」そんなふうに頭を悩ませている人もいるかもしれません。決してモテないわけじゃない(と思いたい)のに、自分と合う人が見つからない、そんな女性の多くは「自分磨き」のドツボにハマって迷走しているせいかもしれません。
そこで今回は、間違った方向に自分をつるぴかに磨いている女性に見られがちな2つの理由をご紹介します。

「お金を費やすこと=努力」という考え

「自分を磨いていきましょう」という言葉に対して「私はすごく努力している!」と豪語する女性がいます。そこでどんな努力かと聞くと……。

「縁結びで有名な神社に行って神様に頼んできたのに!」(25歳/家事手伝い)
「料理教室の半年コースに申し込みました!」(24歳/事務)

ほかにも花嫁修業として必要に見える習い事をしたり、持っていれば安心と言われる資格の講座をとったり、さらには有名な占い師のもとへ通っている……なんていう話もちらほら。自分が本当に「やりたい」「磨きたい」と思って始めたことではない、どれも的外れなものばかり。彼女たちは「お金を費やすこと=努力」と勘違いをしています。お金を払って努力をした気になって満足しているだけ。お見合いパーティーや結婚相談所に申し込むのも同じです。これでは磨かれていることにはなりません。

「恋人=幸せにしてくれる人」という考え

「恋人」や「結婚」、そして「出産」女性なら気になるワードだと思います。とはいえ、これらのワードにキラキラと目を輝かせている人たちは、恋愛や結婚に対して求めるハードルが高いのも特徴的です。

「付き合っている彼は私の収入と同じくらいだし、一緒にいても幸せになれないと思う」(25歳/商社)
「退屈な日常から連れ出してくれるような恋がしたい」(24歳/公務員)

幸せを「ふたりで築くもの」ではなく「私を幸せにしてくれるもの」と勘違いしています。そのため、好意を持ってくれた男性に対しても「この人は私を幸せにできなさそう……」と自分勝手に考えてしまいがち。なんでも願いを叶えてくれる王子様なんてこの世にいません。
また、ドラマで言われる「僕が君を幸せにする!」という台詞に胸をときめかせる女性がいますが、そんなことを言うことじたい馬鹿げています。幸せは「してもらうもの」ではありません。「君を幸せにする!」なんていう人がいたら要注意。あなたを弱者と見なして自分の支配下に置きたがっている、もしくは“かっこいいことを言っている俺”に酔っているだけかもしれません。「君を大事にする」と言ってくれる男性とお付き合いしましょう。

自分を幸せにできるのは「自分」だけ

自分磨きが大好きな女性たちは、派手なネイルや派手なパーティーに参加したりと目に見えるものに惑わされがち。また、交友関係にしても自分にとってメリットがあるのかカッコイイ職種なのかによって選ぼうとします。そんな姿は男性からすると、浅はかで考えなしに思われることも。自分なりの良識を持って行動し、他者に依存しない女性はきっと大切にしてくれる男性と出会えるはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。

IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。
育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。
コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。
ブログ:http://kobayashike.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/
note:https://note.mu/uchidareiko