失恋の傷は新しい恋で癒える!? “失恋後にするべきこと”5つのウソ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2014.09.17.Wed

「大好きな彼にフラれちゃった……」どんな女性にとっても“別れ”は辛く悲しいもの。その痛みから少しでも早く立ち直るために、“失恋後にするべき”と思われていることはたくさんありますが、それって本当に癒される? 今回は失恋に効く! と言われている“するべきこと”のウソをご紹介します。

「失恋の傷を癒すのは新しい恋だけ」

彼を忘れて新しい恋を始めることはとっても素敵なことですが、“彼を忘れるため”に誰かと出かけるのはおすすめできません。ことあるごとに元カレと比べてしまったり、元カレとの楽しい思い出がよみがえって余計に悲しくなってしまうかも。いつか必ず自然に恋ができる日がやってきます。無理して男性と関係を持っても、傷ついた心は癒されません。

「もっとキレイになった自分を彼に見せつけて、後悔させてやる!」

久々に会った彼、私の変身ぶりを見てびっくり……「やり直そう!」なんて言われちゃったけど私はもう彼に興味はないの! いかにもラブコメに出てきそうなシンデレラ設定ですね! 失恋の痛みを自分磨きパワーに変換するのはとっても健全なことですが、目的が「彼を見返してやる!」となってしまったら要注意。“幸せになった姿を彼に見せたら勝ち”“彼が後悔したら勝ち”と考えの中心がすべて“彼”になっている時点で、彼の存在に取り憑かれているのはあなたの方です。あなたが本当に情熱を注げるものや人を見つけて、あなたが本当に幸せを感じるのなら、彼にそれを見せつける必要はありません。

「努力し続ければ、いつかはやり直せる」

長年の片思いの末、ようやく愛する人と結ばれた……なんて大恋愛の話もありますが、元カレを忘れられないのが「本当に愛しているから」なのか「彼に執着しているから」なのか、もう一度よく考えてみましょう。「彼と一緒でなければ幸せになれない」なんて強く思い込んでいる時には、一緒に過ごした日々の“幸せな面”しか見ていないはず。彼はあなたを常に尊敬してくれましたか? 彼はあなたといられることに感謝してくれましたか? 「どうしてもやり直す!」という強い執着心を少しだけゆるめて、自分の心に聞いてみて下さいね。

「前向きに考えなきゃ!」

心が沈んでいる時には、何をしてもポジティブに楽しむことはできません。「もっと前向きにならなきゃ!」なんて自分を無理に奮い立たせてしまえば、余計に心が苦しくなってしまいます。悲しいときは、時が過ぎるのを待つのみ。一人の時間にイヤな考えが浮かんできてしまうのなら、心から楽しめなくてもとにかく何かに没頭しましょう。心の傷は体の傷と一緒。時間と共に自然と良くなっていくものです。自分の気持ちと向き合うのは、もっと心が落ち着いてからでも遅くありません。焦らず今できることをしてみて。

「失恋の悲しみは人に話すべき」

小さな悩みや愚痴は誰かに聞いてもらうとすっきりしますが、本当にショックなことや悲しいことは、なかなか人に話せないことがあります。口に出すことは、その体験をもう一度繰り返すということ。その時の感情を思い出してしまい、余計に辛くなってしまうこともあります。まだショックが癒えていないうちは、あえて人に話す必要はありません。「話を聞いてほしい!」という気持ちになれた時に、存分に聞いてもらいましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。