「やめればいいのに…」と男性が思ってしまう女子のファッションに関する4つのコト

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2014.09.28.Sun

彼に可愛いと思われたくって気合いを入れてファッションをコーディネートしてみたものの実はそのファッションに対して男性が「それはやめとけばいいのに」と思ってしまうものもあるのをご存知でしたか? 今回ご紹介する女子のファッションにまつわる4つのことは流行に関係なく常に男性が思っているものばかりのよう。ということで今回は男性をあきれさせているファッション4をご紹介します。

1.足に合っていないハイヒール

スタイルを良く見せようと張り切って履いてきたハイヒール。普段から履きなれているものならば理想通りのカッコいいウォーキングを彼のまで披露できるものの、履きなれていないと起こる事態がいろいろとありますよね。例えば、何度も転びそうになったり、靴ずれしてしまいデートの途中に絆創膏を買わなければいけなくなってしまったり。さらには「足が痛い……」なんてぼやき始めると男性方はうんざりしてしまうようです。

2.小さなバッグ+ボロボロのブランドショップバッグ

メインで持っているカバンが小さすぎるがゆえに荷物が入りきらず、サブバッグとして持ち歩いているショップバッグが見栄を張りたいばかりに高級ブランドの紙バッグなのだけれども使いすぎてボロボロ状態。見栄を張るどころか、同性からみてもみっともないもの。ボロボロのショップバッグを持つなら新品のコンビニのビニールバッグを持っている方がましです。

3.暑い日のレギンスやタイツ

素足をさらしたくないという理由はわかるものの、見ていて暑苦しい暑い日のレギンスやタイツ! ついつい男性陣は「暑くないの?」なんて質問をしてしまうわけですが、「素足よりも黒い色を身に着けている方が足が締まって見えるのよ!」という女子の怒りを買ってしまうというオチ。しかし女子の皆さま! 男性は足が太くったって、素足の方が100倍大好きなんです!

4.凝りすぎのネイル

もはや長すぎると手をつなぐことも困難な凝りすぎたネイルには男性方、何も言えない様子。安くないのがわかるだけに、お金を払って余計生活にしにくそうな状態になることが理解できないようです。「生活に支障はないわよ!」と自信を持って言える程度のネイルは評判がいいようなので、ネイルのやりすぎには注意しましょう!

いかがでしたか? 私たち女子のファッションへの情熱が彼らには伝わらないこともしばしばあるんです。まあ逆を言うと、私たちも彼らの「カッコいいファッション」の基準に疑問を感じることってありますよね。恋愛においてはお互いに、ファッションを含むさまざまなことに歩み寄りが必要なようです。みなさま、よく覚えておきましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。