いつまでもラブラブ! 仲良しカップルが毎日している5つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2014.09.09.Tue

つき合っている期間が長くなったり結婚して子供が生まれたり、二人で過ごす時間が長くなればなるほど、カップルの関係は冷たくなりがち。でも世の中にはいつまでたってもラブラブな仲良しカップルも存在しますよね。彼らの間にはどんな秘密が隠されているのでしょうか? そこで今回は、仲良しカップルが毎日している5つのことをご紹介します。

お出迎え

ある研究によると夕方家に帰宅してから始めの4分間をどのように過ごすかで、そのカップルの一晩の雰囲気は決まってしまうんだとか。玄関まで迎えに行く必要はありませんが、「ただいま」「おかえり」はしっかりと彼に向き合って笑顔で気持ちよく伝えましょう。くれぐれもテレビに夢中になったまま「後で!」なんて軽くあしらってしまわないよう! 開口一番「何でこんなに遅いの?」なんて不機嫌な顔で問いつめるのもやめましょう。

不満を伝える

小さなことでいちいち口げんか。なんだかあまりいいことのようには思えませんが、実は2人の関係を長く続けて行く上ではとっても大切なこと。彼の行いのどこを改善して欲しいのかをあなたがしっかり認識することは、健全な関係のためには欠かせません。交代でやるはずの家事をしてくれない、子供の面倒を見てくれないなど、あなたが彼に対して思っていることはどんどん伝えるようにしていきましょう。もちろん、いきなりケンカ腰ではいけません。あなたが今どう感じていて、これから彼にどうして欲しいのかを具体的に伝えましょう。

彼の“幸せ”を共有する

「相手の気持ちに寄り添う」というと、悲しい時や辛い時に支えてあげるイメージが強いですが、カップルの間にもっと必要なのは“幸せ”や“喜び”を共有すること。彼の昇進や仕事での成功はもちろん、実際あなたにとってはどうでもいいような小さなことーずっと欲しかった腕時計を買った、ランニングで目標タイムを達成したーにも、「あっそ」なんてあしらわず一緒になって喜んであげてください。常に幸せな気持ちを共有できるカップルの間には、お互いにとって心地いいポジティブなムードが漂います。

スキンシップをとる

仲良しカップルの秘訣というと「たくさんキスをする」「たくさん手をつなぐ」なんてことがよく言われますが、男性の方が恥ずかしがってしまってうまくいかない! というカップルも多いのでは? スキンシップはキスやハグだけではありません。隣で寝る時に何気なく触れたり、マッサージをし合ったり、お互いの体に触れることをならなんでもOKです。“体を触る”という行為は本当に親密な間柄でしかできないもの。物理的に近づくことで、精神的にも寄り添うことができます。

二人だけのジョークがある

一緒に出かけた先で起きたハプニングや、他人の前では呼べない秘密のニックネームなど、二人にしかわからないユーモアや経験はお互いの距離を縮める大切なチャンス。二人で経験を共有し、思い出を作って行くことで二人の絆はより強くなります。二人で心から笑い合っているときには、イヤな気持ちにはなられません。“彼を笑顔にする”ことを考えて生活すれば、きっとあなた自身も笑顔になれるはず。

仲良しカップルになるためには、どちらか片方だけでなく2人で関係を楽しむ必要があります。一生を添い遂げる関係を築くために今日からちょっとずつ始めてみて下さいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。