「好き避け」「音信不通」など、絶対にやってはいけない恋の掟破り

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2014.08.17.Sun

あなたは今、好きな人のことを果たして本当に好きだと言えるでしょうか? もし相手のことを思いやれず、自分の気持ちを最優先しているようなら、その恋は本物と言えないかもしれません。そこで今回は、これをやってしまうと確実に相手からのイメージがダウンし、実る恋も実らなくなる、恋の掟破りについて触れていきます。

好きだから避けてしまう

いわゆる「好き避け」というやつです。しかし、好き避けは、結局自分に自信がなく、自己防衛のためにやってしまうのです。相手に自分の気持ちがバレたらどうしよう、周りからはやし立てられたら困る、恥ずかしい……。よくよく考えてみると、すべて自分の都合なのです。それのどこが恋なのでしょう。相手のことが本当に好きなら、赤面しようが、どもろうが、堂々と接するべきです。好きな人のことを避けてしまうのは、相手を傷つけることにもつながりますから、自分よりも相手のことを思いやるよう心がけるといいかもしれませんね。そうすれば相手を避けるなんて考えられなくなりますよ。

つい音信不通にしてしまう

これは男性に多いパターンですが、交際中にいきなり連絡を取らなくなってしまうことがあります。でも、これは女性の心を深く傷つける行為です。女性は「自分が何かしたのでは?」と自分を責めてしまいます。一部の男性は仕事が忙しくなるなど、恋愛以外のことに意識が集中すると、恋人を放っておいてしまうことがあるでしょう。しかしそれは恋を放置して、相手を“どうでもいい存在”としているのと同じです。音信不通にするなんて、恋の掟破りもいいところでしょう。相手を本当に大事に思っているのなら、最低限の連絡は取るべきです。恋愛中に音信不通にする時点で、その人は、自分のことしか考えていない、自己中心的なタイプだと言えますよ。

パーティーや合コンに頻繁に参加する

人数合わせと称したパーティーや合コンに、交際中にも関わらず出かけていく男女がいます。そのような出逢いの場所に頻繁に参加すること自体、新しい出逢いを求めている証拠でしょう。よく彼女や彼氏に「正直に言っているからいいじゃん」と言う人がいますが、なんでも正直に言えば許されると思っている考え自体が幼稚であり、恋愛をする資格のない人間だと思ってしまいます。そして何よりも、恋人の心を深く傷つける冒涜行為を行っているのに、恋の掟破りもいいところでしょう。

相手をコントロールしようとする

自分の思い通りに好きな人を動かそうとする人がいます。このような人は、相手のことを信じることができず、好きでもないのです。本人は、相手が好きだと勘違いしている状態ですが……。たとえば、女性はこうあるべきという自分の勝手な固定観念を押し付けてくる男性は、本当に相手の女性のことを好きだと言えるでしょうか? 答えはノーです。多分、そういう人は本気で人を好きになったことがありません。だからこそ、相手を支配することでしか恋愛関係を保てないのです。恋愛に勝ち負けを持ち込むのもこのタイプ。もし、あなたが恋人や好きな人をコントロールしたいと思っているようなら、自分の気持ちを一度冷静に見つめた方がいいかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

羽音(はのん)

都内在住のライター/編集者/コンテンツディレクター。
17歳の頃、演劇をはじめ次第に舞台脚本に興味を持ち、紆余曲折を経てライターに……。映画、旅行、自然が大好き。