ちょっとした発言が面倒臭いことに! 男子を勘違いさせる5つの言動

2014.08.12

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

夏ってなんだか開放的な気分になるというか、ベースの気分がワクワクしているという感じがしませんか? そういうときって、普段言わないような言葉をさらっと言ってしまったり、いつもよりも自分の感情をオーバーに表現してしまうことなども多くなってしまいがち。こんなときに起きるのが、あなたのちょっとした発言で男性を勘違いさせてしまい、好きでもない相手に言い寄られてしまうという気まずい事件! 今年の夏、そんな事件が起きないように、男子を勘違いさせてしまいがちな5つの言動、勉強しておきましょう。

1.「○○君といると楽しいなあ!」

飲み会の席などで、ちょっと酔っぱらった勢いでなんとなくいったこのせりふ。いや、嘘じゃないんです。でも「私は今、楽しい時間を過ごしている!」ということをただ口に出しただけで、「2人でいると楽しい」という意味で言ったわけではないという事実。しかし、男性は、脈ありと勘違いしてしまうんです。

2.「彼女いるの? 好きなタイプは?」

話のネタがなかった、もしくはただ何となく興味本位で聞いただけのこの質問が、「もし彼女いないならその候補に立候補しちゃおうかなっ!」に聞こえてしまうというマジック。あやうくまったく興味の相手にこの質問をしてしまいそうになったら、「ペット飼ってるの?」という質問にすり替えましょう。

3.「飲みに行こうよー!」

何も「2人で」とは言っていないし、社交辞令として言ったのだけど、ガチの飲みの誘いだと勘違いされること多し。さっそく週末の予定なんかをチェックされたりしたら勘違いしている可能性が高いので、さっと「○○さんたちも誘おう!」と2人ではないことをアピールしておきましょう。

4.「○○さんの彼女だったら幸せだろうねえ!」

(いい仕事もしてるし、浮気しなさそうだし!)という理由がついていたとしても、彼女でいる自分を想像していると思われ、脈ありリストに加えられること間違いなし。このせりふを言ってしまった時には、その理由をしっかりと述べるようにしましょう。それでも勘違いが続きそうですが……。

5.「一口試す?」

間接キッスっていつまでたってもどきどきしちゃうものなんです。軽い気持ちのあなたのオファーが男性のハートをわしづかみしちゃうこともあるんです。それがまさにこの間接キッス必須の「一口あげる行為」。もしあなたが男性の食事を一口トライしたいときに、間違っても「あ~ん」なんて言わず、自分のお皿の上に取り分けてもらうようにした方が無難です。

いかがでしたか? なにげなくやってしまうこれらの行動、実は男性を勘違いさせちゃうんです。男性がアタックしてきた時に「は?」みたいなことになると、悪い女呼ばわりされてしまうことも! 気を付けてくださいね。

2014.08.12

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。 自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介