気品あふれるレディーへの道…! 素敵な女性になるには「しずかちゃん語」で攻めるわよ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2014.07.30.Wed

ドラえもんのなかの永遠のマドンナ、しずかちゃん。「あら、いやだわ」「そんなことないわ」「うふふ…」しずかちゃんの言葉ってどうしてあんなにも女の子らしいのでしょうか。しとやかで気品あふれる女性という感じですよね。
ところが最近ではしずかちゃんのような「女ことば」は絶滅危惧種と言われ、とても珍しいものとして扱われているそうです。たしかに身近にこんな話し方をする女性っていないかも……。言葉さえ上品ならばたとえ彼とラーメン屋さんへ行っても「そこにある割り箸、取ってくださる?」なんて上品に聞くことができそうですよね! とはいえ「いやだわ、のび太さん」なんて突然キャラが変わっても周囲を驚かせてしまいます。
そこで今回はちょこっとだけ「しずかちゃん語」を取り入れた日常で使える上品言葉をご紹介します! あなたもこれでしずかレディーになれるかもしれません。

驚くときは「まあ!」

驚いたとき「ええ!」「マジで!?」なんて目を見開いてリアクションをすることも多いのではないでしょうか? 女たるもの「マジで!?」などという反応では、しとやかさのかけらもありません。もう「マジ」は卒業しましょう。同じようにしずかちゃんキャラを狙うなら「ガチで!?」もダメです。大事なのは優雅さと気品。片手を口元に添えて「まあ!」です。鏡の前で練習してみましょう。

相づちを打つときは「ええ」

だいたいの場合「うんー」「へえー」「おー」なんて相づちを打つことが多いのではないでしょうか。これではあまりにも色気がありません。頷くときは「ええ」が女性らしさの相場。だらだらと語尾を伸ばさずに短く切り上げましょう! 直接が難しかったら、まずは電話対応からはじめてみるのもいいかもしれません。「ええ」と頷いて電話を話す姿を見て、意中の彼もゲットできるかもしれません。

笑うときは「ふふふ」

「ひゃーひあはっ」「うっそぉー、マジでー!?」なんて手を叩きながらアホ面で喜びを表現する女性、いますよね。筆者も「あひゃーひひっひゃ」と身体を折り曲げながら拍手する、それでこそ全身から喜びが伝わるとも思うのですが、やはりこれも女性らしくない所作です。品のない笑い方はやめて「ふふふ」に切り替えましょう。ポイントは首を小さくかしげながら口元を押えて「ふふふ」です。どうでしょう? 気品があふれませんか? まあ、笑うときくらい好きに笑わせてよって思いますけどね。

賛同するときは「そうね…」

「だよねー!」「わかるー!」「たしかにー!」など、相手を賛同するときはひたすらノリ! それでこそ盛り上がる場と、芽生える連帯感……。ですが、「だよねー!」「わかるー!」ではあまり賢く感じられません。賛同するときは、わずかに悩ましげに「そうね…」とつぶやくように言うのが淑女のたしなみ。何も考えていなくても「そうね…」の魔法で3割増しでミステリアスに、さらに4割増しで賢く見えること間違いなしです。

というわけで、しとやかに女性らしく、気品と優雅さのあふれる「しずかちゃん語」。え? こんなの馬鹿らしいって? ……まあ! 信じられないわ。でも、そうね……気持ちわかるわ。ふふふ…というわけで、ちょっとくらい試してみるのもありではないでしょうか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。

IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。
育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。
コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。
ブログ:http://kobayashike.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/
note:https://note.mu/uchidareiko