夏は開放的になりがち! 軽い女に見られないために気を付けたい行動3選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2014.07.13.Sun

軽くみられがちな女性は、誘いが多く自分の見る目を養わないと危険です。しかも相手が本気かどうかを見極めなくてはならないです。でも世間で言われる硬い女は、手を出しにくいので本気じゃない相手の誘いはあまりありません。人を見極める力は経験や直感など、誰しもが持ち合わせているものではないので、そうなると自分自身を守るためには軽く見られない努力が必要になってきます。

夜中のメールや電話は返信しない

メールやLINE、電話の返信が早いのは、相手に好印象を与えるし仕事となれば、それは必要なことです。
出会って間もない男性との連絡は新鮮さがあり、例え夜中でも連絡を返してしまいたくなります。ですがこれが学生であれば分かる話ですが、二十歳を回った男性が女性の携帯を夜中に鳴らすのはいかがなものでしょうか?
もしも女性が実家暮らしなら尚更です。真剣に交際を進めていきたいと思っている相手なら、女性の家族に悪く思われたくないですよね。男性の連絡が基本的に夜から夜中にかけて多いのであれば、そこははっきりと線を引いた方が良いと思います。翌日に返事をして、そこで相手の返事がない場合、相手は真剣ではないということです。

NOは、はっきり言う

押しの弱い女性はとても多く、男性からガツガツこられ、しかも少し気になっている相手なら流されやすくなってしまいます。でもその時は気持ちも高ぶってしまい、その流れに身をまかせてしまいそうになりますが、そこはハッキリとNOと言いましょう。
「え~でも……」とか「う~ん」とかは、男性からすると「押したらいけそう」と思われてしまいます。そういう時こそ、どっちつかずの返事をせずに断りましょう。
出会って日も浅いのに、大人な関係に持ち込むスピードが速ければ警戒することも必要です。嫌われたくないからといって、中途半端な返事ばかりしている方が、軽い女のレッテルを貼られてしまうのです。その後、男性の態度に変化を感じたら、その男はこっちから捨ててやるぐらいの気持ちを女性には持ってほしいと思います。

硬い女に見られて損はない!

最後に、硬い女に見られるとなかなか出会いがないからとか、硬い女は面倒くさがられそうだとか思いますが、硬い女だと思われているのにも関わらず誘ってくれる男性を意識することです。
自分の事を本当に好いてくれているかどうかなんて、正直わかりません。でも、難ある山を登りたいと思う男性には少なからずの誠意を感じます。
見極める力がなく、都合のいい女扱いをされるぐらいなら、自分自身を高みに置くことの方が大切だと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

木村 比音(なお)

『愛』が人生のテーマ。

特技は本の世界に入り込むこと。
女の子は恋して夢みていい生き物なのです。
素敵女子目指して日々空想中。

写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子