もう疲れた! 婚活リタイアする男女が増えているワケ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2014.06.18.Wed

ここ数年、ブームになっている婚活。インターネットの普及により、男女の出逢いもずいぶん手軽になったものです。しかし、最近、婚活リタイアをする男女が増えている模様。さて、婚活リタイアをする具体的な原因とは一体?

条件で相手を見るのには限界がある

婚活をすると「結婚できる男性or女性」という条件で、相手を見てしまう傾向が強くなります。そのため、自然なかたちで出逢っていれば惹かれ合うかもしれない男女でも、最初から条件でハネてしまうこともあるでしょう。そうなると、なかなか自分にピッタリな相手に出逢うことができず、婚活疲れに……。筆者は、条件で人を好きになるのは難しいと思います(まれに相手のお金や地位や名声に、恋ができる人もいますが)。婚活リタイアしたくないのなら、たとえば年収1,000万以上など、あまりに高い条件を相手に求めないことも大事なのかもしれませんね。

結婚願望が強くなったとき=タイムリミットまで残りわずか

個人差もありますが、女性が結婚に本格的に焦り始めるのは30代前半、男性は30代後半~40代でしょう。生物学的なこともあり、女性は妊娠できるタイムリミットが近づくと、結婚願望が強くなるようです。男性も人生の中間地点に近づくにつれて、子どもが生まれた場合を予測し、家族を築けるギリギリの年齢で婚活を始める傾向があります。しかし、そうなると、婚活に費やせる残り時間は本当にわずか。その間に、出逢い→恋愛→結婚となると、考えただけでうんざりする人もいるでしょう。しかも婚活を始めてから一度の出逢いで、結婚までいくケースはまれ。そのためどんどん精神的に追い込まれ「もう婚活なんてしたくない!」と思ってしまうのかもしれません。

本当は結婚したくないと思っている

筆者の周りには、仕事はできるし、収入もかなりあり、育ちの良い美しいアラサー、アラフォー女性はたくさんいます。でも、なぜか未婚。街を歩いていて、男性が振り返るくらいの美女でもです。そういう女性も人知れず、婚活をしていたりします。でも、うまくいかない……。その原因は“本当に結婚したいと思っていない”ということにあるのではないでしょうか。彼女たちは今の生活に満足しているのです。気楽な一人旅、打ち込める趣味など、日々の生活に退屈を感じることがありません。男性の場合も、趣味が楽しくて仕方なかったり、仕事が充実していると、結婚から気持ちが遠のきがちです。そのような男女は、今の日本にはびこる結婚観というものに操られて表面的に焦らされて婚活しているだけで、実は結婚そのものを心の底から求めていません。ですから、当人がそれに気づけば、婚活リタイアしてしまう可能性が高いのです。

いかがでしたか? 無駄な時間を浪費しないためにも、まずは自分がこの人生でどのように生きていきたいのか、周りの意見や世間一般の結婚に対する価値観を無視して、考えてみる必要があるのかもしれませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

羽音(はのん)

都内在住のライター/編集者/コンテンツディレクター。
17歳の頃、演劇をはじめ次第に舞台脚本に興味を持ち、紆余曲折を経てライターに……。映画、旅行、自然が大好き。