デスパレートになってはダメ! 焦って彼氏づくりにはしっている危険サインとは??

2014.06.05

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

周りはみんな彼氏持ちなのになぜか自分だけはシングル、そろそろ結婚も考えたいし、とにかく相手をみつけなくては……と焦り気味の方、気持ちは分かりますが、焦りは禁物です。とりわけ恋人選びに関しては……。普段なかなか恋愛のチャンスが巡ってこないからといって、ただ闇雲に彼氏を作ろうというのではけっして幸せな恋愛にはなりません。なぜなら、それはなにより自分の都合優先で始まっている恋愛だから……。相手の欠点が見えたとき、すぐに幻滅してしまい、“私なにやっているんだろう”と自問自答するときが来るはず……。そうならないためにも、焦って彼氏づくりをしていないかどうか危険サインを予め知っておきましょう。

危険サイン1:○○才までに子どもが欲しい!!

不妊治療が発達してきているとはいえ、年齢が上がると共に思うように妊娠するのが難しくなってくるのも事実。育児のことも考えると、早く子どもを作っておきたいと真剣に考える女子ほど、○○才までに第一子出産と具体的な目標を抱きやすくなります。でもだからといって、そうそう簡単に“この人の子どもが欲しい”と思える人には巡り合えません。子どもを持つことに前のめりな人は、要注意です。

危険サイン2:とにかくひとりだとさみしい、さみしい、さみしい!!

友だちはみんな彼氏持ちなのに、自分だけひとりだと、週末など誰も一緒に過ごす人がいなくてブルーな気分になることも……。このタイプの人は自分のさみしさを埋め合わせるために恋愛しようとする傾向にあり、恋愛依存症に陥りやすい人といえます。いったん彼氏ができると懸命に尽くし、そんな自分に自己陶酔しますが、彼からすれば“重い女”に……。焦って恋をする前に、もっと自分に自信持つことにフォーカスしみましょう。そうすれば、むやみにさみしさも感じなくなるし、女としての魅力も磨かれ、気がつけば男のほうが放っておかない存在になれます。

危険サイン3:男を“ブランド”としてみている

彼氏が欲しいというのも、恋をしているというよりまず彼氏持ちというステータスが重要だから。そしてもちろん、ルックス、職業、年収、お家柄、くまなくチェックし、理想に合わない男性は容赦なく彼氏候補からはじきだしています。その冷静な情報処理能力はかなり高度なものかも……。焦ってはいるけど、プライドは捨てられないタイプもじつは困りものです。恋人選びに表面的なことを基準においていると、価値観や性格の違いがあらわれたときに関係修復が難しくなり、本物の恋愛とはいえません。合コンや婚活でも、そうした条件をまずいっさい取り払ってありのままに相手を見てみませんか?

以上のような危険サインがあったら、焦って恋愛しようとしている可能性が高そう……。今の自分に大切なことはなにかもう一度見つめ直してみましょう。

参考記事(海外サイト):The wrong reasons to like a guy

2014.06.05

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介