タイプ別! 気難しい彼ママとどうお付き合いしていけばいい??

2014.02.20

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

せっかく恋人ができたのに、彼ママとのお付き合いがどうしても難しい、と感じる人も多いことでしょう。彼ママとしては、自分が大切に産み育ててきた息子のことを思えば思うほど、“息子の彼女”へのハードルが上がるのはいわば当然のこと。“息子のことを大事にしてくれる子でなきゃ、絶対イヤ、認めない!!”という心理は多かれ少なかれ、どんな母親にもあるものです。そこで“付き合いづらい”と感じる彼ママとどう接していけばいいか、タイプ別に対策をアドバイス!

タイプ1:皮肉でなんにでも文句をつけたがるタイプ

対策:

自分のやり方が一番正しいと信じ、それを押しつけてくるタイプ、お姑さんにもっともありがちなタイプでもあります。ああしろ、こうしろととにかくいろんな指図を出してきますが、それにすべて従っていては相手思うツボだし、こちらのストレスもたまるばかり。そんなときは、「アドバイスありがとうございます。でも私にはこっちのほうが合っているみたいなので」とやんわり笑顔で切り返して。

タイプ2:成長したのにムスコにべったり、子離れ失敗タイプ

対策:

精神的に息子から子離れできていないタイプで、“息子をとられた!”と被害妄想に陥りやすいのもこのタイプのママです。こうしたタイプには、あなたがしゃしゃり出るより、彼にもっとママをケアしたり、大事にするよう伝えることが肝心。フォーカスすべきはあなた自身ではなく、“彼と彼ママとの距離”なのです。定期的に電話したり、家で食事をするなど、彼がママを大切にしているという行動こそが、ママの不安感を拭う最良の手段。

タイプ3:礼儀正しいけどどこかよそよそしく、距離を感じさせるタイプ

対策:

とても丁寧に接してもらっているけど、いつまでたっても打ち解けられない、距離感を感じさせるタイプの彼ママ。自分のいないところでどう思われているのか、ますます不安になる、という人もいるのではないでしょうか。これは元々の性格もあるので、あまり気にしすぎないこと。そして仲良くお近づきになりたいと思うなら、彼ママの得意なことや趣味について、“教えてください!”という態度であれこれ聞いてみたり、“すてきですね”と相手をたててみましょう。この手のタイプには、自分から積極的に働きかけてみることが効果的です。

2014.02.20

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介