なぜ男は女の涙に弱いのか、そのメカニズムを大解剖!

2014.01.07

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

女の立場からすると涙は男を動かす最高の武器かもしれません。でも男性たちにとって女性の涙はパニック状態に陥るほど強い作用を持った危険ファクター。彼女が泣いている姿を見ただけでどうすればいいか思考停止状態になってしまうといいます。私たちにはちょっと不可解なその心理、どんなメカニズムになっているのか迫ってみます!

女の涙で男が“パニックモード”になる?

女性は小さい頃から自分の気持ちを言葉で他者に伝えることが巧みで、言葉になっていない部分でも相手の気持ちを察しようと心が動きます。それに比べ、男性はどちらかというと言葉でうんぬんという前に、なにか問題や不都合なことがあれば行動で解決しようという心理が働きます。男性はいわば“問題解決型”思考が強く、それは恋愛関係でも同じ。何か問題が起こったり、彼女が困っていたら、その問題を解決して彼女を守ることが自分の役割だと思っているところがあります。
ところが彼女が涙を流している姿を見たら、“傷ついているんだ、なんとかしなきゃ”という気持ちが焦りに変わり、どうすればいいのか分からず、頭のなかは“パニックモード”と化してしまうのです。

“パニックモード”になっていることを悟られないよう、男たちがとる行動とは?

彼女が涙を流している姿を目にして、彼の心のなかは“なにもできない”という無力感でいっぱい。そんな彼らがとっさにでる行動といえば、見て見ぬフリをしたり黙り込む、あるいは怒りを露わにしたりすることもあります。表面的にはひどい行動をとるように見えますが、実は“彼女が泣いているのを、見るのも、聞くのも堪えられない!”と、もはや心は悲鳴を上げている状態。パニックになっている自分がこれ以上傷つかないよう、いわば“シャットダウン”してしまうのです。

私たち女子が“泣く”以外にできることとは?

男性がこんな状態ですから、女子もただ泣いているばかりでは何も前に進みません。“私が泣いているのに、なんで黙って突っ立ているだけで何もしないの!?”なんて逆切れしないように。それよりも、“ただあなたに傍にいてほしいの”と思いっきり甘えてみることが肝心。現実的な解決策がその場で思いつかなくても、“彼女に必要とされている”という自信を彼らは得ることができます。

また彼にしてほしいことはなんでも言ってみましょう。たとえば、「ティッシュとってきて」、とか「甘いものが食べたい」といったひどく現実的なことでもいいのです。そして落ち着くまで彼にそばにいてもらい、一段落したら彼と話をしてみましょう。男性側からしたら、泣いているのに何も話してくれないという状態が一番辛いものです。とにかくここで女子が気持ちのドアをシャットアウトしてしまったら、彼もとっかかりをつかめません。
“あなたが必要なの”というメッセージをはっきり出すことで、彼も自分にも何かできることがあるのだと信じることができます。

2014.01.07

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介