初対面で「あいつ、イケメンじゃね?」と女子に聞く男の心理

2013.11.30

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

「あいつ、イケメンじゃね?」
飲み会や合コンなどで初対面の男の人にそう聞かれ、返答に困ったことはありませんか?YESかNOしか選択肢がなく答えづらいこの質問。肯定すれば「イケメン好きのミーハー」という空気が流れ、否定すれば「どんだけ高望みしてるんだよ」とドン引かれ。結局望まれている答えって、なんなの!?……というわけで今回は「あいつ、イケメンじゃね?」と聞いてくる心理について、迫ってみました!

男友達を持ち上げていい気分になってもらいたい

「自分ばかりが女の子と話していると感じたときに、それとなく会話を振りますね」という友人配慮パターン。友人を退屈させないためにあえて女の子に話を振り、盛り上がってもらうというひそかな戦略だとか。

友達のかっこよさを認められる器の大きさをアピール

これは女子にもあるのではないでしょうか、内に秘めた見栄と意地。「彼女、カワイくないですか?」、「彼女、美人だから~」と公言し、「友達の可愛さにひがんでいない女です」という性格の良さや余裕をアピール。わたしに気にせず、褒めていいよ? という意味も混ざっています。

あいつのこと、どう思う? という率直な疑問

ストレートに友達に対してどう思っているのかを聞きたいという心理。男性から見た同性への評価と、女性から見た異性への評価がどう違うのかを知りたい、女子の本音を聞きたいという気持ちの表れ。

イケメンな友達がいる俺、どう?

今後の飲み会や合コンに繋げたいパターン。「あいつ、大手○○会社なんだよ」というのと同じ。友達のステータスを披露して、自分と付き合うと得だということを植え込みます。次に開催するときも、こんなメンツを連れていくのでどうぞよろしく、という内なるメッセージが込められているんだとか。

話題がないから、なんとなく……。

「今日は天気がいいですよね?」と同じ感覚で「あいつイケメンだよね?」と言ってしまうのがこちら。打ち解けるための話題のネタとして言っているだけで、特に深い意味はないそう。こういう場合はオーバーリアクションをせずに「そうですねぇ」と簡単に頷いておくのが◎。

結局のところ、望まれているリアクションに正解はないモノ。「そう思う!」と思い切り乗ったり「わたしはタイプじゃない!」と言い切ったりせずに、無難に微笑んでおくのがベター。それでもしつこく聞かれたら「なんで(そんなこと聞くの)?」と聞き返して質問した理由を聞いてみるのもアリかも? ただし面倒くさい女扱いされる心配もあるので要注意。

2013.11.30

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介