彼と本当にいい関係を築けてる?? 恋愛チェックリストでみてみよう!

2013.10.06

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

恋愛関係や夫婦関係において本当に心満たされていると感じることは簡単なようでいて、なかなか難しいことかもしれません。大好きな相手でもどうしても我慢できない部分があったり、同じ相手なのに以前ほど気持ちの盛り上がりが感じられないなど、誰しも多少の不満や妥協と折り合いをつけていることがひとつやふたつはあるはず。
でも、それも行きすぎているようだったら要注意。そこで自分の恋を“恋愛チェックリスト”でよーく見つめなおしてみてはどうでしょうか?

“恋愛チェックリスト”で、今の恋愛を冷静に見つめてみよう!

1:この恋愛から、見返りを求めていないか

彼氏をキープすることで、なにかしらのメリットや見返りを求めているようであれば、その恋愛は独りよがりなものになっている可能性があります。“(彼のために)こんなにしているんだから”という思いが常にあり、“だから彼も私にもっと尽くしていいはず”という気になり、その期待が外れると大いに落胆することに…。そもそも本当に相手のことを愛しているなら、見返りやメリットを考えるスキはありません。なにか現実的な打算が働いていないでしょうか?

2:恋人を自分の都合のいいように変えようとしていないか

恋愛で多くの人が陥りやすいミスのひとつが、“愛さえあれば、相手を変えることができる”と思い込むこと。でも、人は他人の意志では思うように変わったりしません、とくに男性は。
“彼のことを変えたい”と願う心の奥底には、相手への不満が隠されていないでしょうか。本当相手のことを愛していれば、欠点など気にならないはず。そもそも真の愛情とは、自分も相手も人間としてもっと深く、豊かに成長し、お互いの良い面をより伸ばしていくもの。自分の都合や好みで相手を変えようとする気持ちは必ず見抜かれ、相手からも愛想を突かれてしまう原因になります。

3:恋愛関係を維持するために、何かを犠牲にしていないか

独りよがりで妄想癖ぎみな女子ほど、“彼との恋愛のために、あれもこれも犠牲にしてきた”と悲劇のヒロインを気取りがち。キャリア、自由、友人関係、いろんなものを手放してでも彼ひとりにすがっていきたいというのはあまり健全的とはいえません。恋愛のためになにかを我慢している、犠牲にしていると感じているうちは本当の愛とは呼べないでしょう。

4:傷つくことを必要以上に恐れていないか?

過去にひどい失恋経験がある、あるいは恋愛にハマりすぎるのが怖いといったことから、愛することも愛されることにも臆病になっている人も多くいます。でもどんな恋人同士でも、ときには本音をぶつけ合ったり、自分のなさけない姿をさらけ出したりする時が必ずきます。そのとき必要以上に怖がったり、恐れたりしないで相手と向き合えるかどうかが恋愛の真価を試されるとき。いい恋愛をするためには、傷つくことを恐れず、相手に向かっていくことが欠かせません。

2013.10.06

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介