それじゃ愛は深まらない! 男をいらつかせる「下手なケンカ」

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2013.09.04.Wed

ケンカするほど仲がいい、雨降って地固まる、などの言葉もありますが、男女のケンカに関しては幾つかの地雷があり、コレを踏んでしまうともっと仲良くなるどころかそのままケンカ別れコースも。自分の意志が伝わりにくくなり、彼があなたの話を聞かなくなる「下手なケンカ」のパターンをまとめました。

泣く

とにかくやめた方がいいのは、男性とのケンカの最中に泣くこと。人前で泣くのはもちろん、二人きりでも極力泣くのはこらえた方が無難です。泣かせたという罪悪感も残りますし、彼が論理的に話をしているときに泣いてしまうと「この子は感情的で、建設的な話ができない子だ」と彼の頭に刷り込まれることに。その場では謝ってくれるかもしれませんが、その後はあなたと話し合わなくてはいけない場合でも、話し合いを避けられる原因になります。

昔のことを蒸し返す

昔のことを蒸し返すのも、男にとってはただの言いがかりとしか受け取れない場合も。女子としては、長い間尾を引いているような問題は「あのときもこうだった、だから今度からこうして」と言うような気持ちで昔のことに触れてしまいがちですが、男性にとっては、今どうにもできないことを責められることは、どんなものでも「言いがかり」。嫌なことはその場で嫌だと意思表示し、今ケンカしている本題のみに触れるのが無難なよう。

負けそうになると逆ギレする

自分から彼にケンカをふっかけておきながら、冷静に反論されたり、自分が不利になると逆ギレするのは言うまでもなく最悪です。彼の反論に対して「こわい! そんなこと言われたらもう何も言えなくなる!」などと言うのは「私の意見に反論しないで黙って聞け」と言っていると取られても仕方ありません。言いたいことは言う、でも反論されると弱さをアピールして受け付けない、と言う態度は重い女まっしぐらです。

どうして欲しいか言わずに責める

彼に不満があるのに、具体的にどうして欲しいかは言わず、「なんで○○なことばっかりするの?」「私が悲しい気持ちなのわからない?」などと、質問形式で怒っていませんか? 「悲しい気持ちなのわかるよ」→「わかるんだったらやめてよ」「悲しい気持ちだってわからなかったよ」→「鈍いんじゃないの? 最悪」など、「どう答えてもどうせ怒るんだろ」と思われるような責め方をするのはNG。彼は心の中で「あ――もうめんどくせえ!本当にめんどくせえ!!」と思っているかも。

ケンカの目的は彼の心を折ることではありません。腹を立てつつも、彼をうんざりさせる地雷の在処だけはちゃんと知っておいた方が良さそうです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019