どうせ着るならモテる服!女子を可愛く見せる「モテ服の極意」

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2013.07.14.Sun

どうせ着るならモテる服を着たい!そんな風に思ったとき、どんな服を選びますか?パステルカラー?ワンピース?とはいえ、人によって似合う色や形は違います。雑誌などで取り上げられている「モテファッション」を取り入れても、自分に似合っていなければモテません。自分らしいモテ服を選ぶポイントをまとめました。

男には着られないアイテムを着る

モテ服の王道はこれ。色に関しては、ピンクを男性が着てもおかしくありませんが、素材や形では男子は女子の領域にはなかなか踏み込めませんよね。スカートやワンピース、ハイヒールなど、「男性が身につけることができないアイテム」を身につけることで、異性として強く意識させることができます。
さらに、素材もシルクのように落ち感があったり、シフォン素材のようにふわふわと揺れるアイテムは男性のワードローブには絶対にないもの。落ち感・揺れ感が自分の体を美しく華奢に見せてくれるものを選びましょう。

男と同じアイテムを着る

反対に、男性がいつも着ているアイテムを女子ならではのスタイリングで着ることで女らしさが際立つという場合もあります。Gジャンやカジュアルなシャツ、デニムなどを女らしく着こなすことで、さわやかな色気が出ます。また、女子の流行のアイテムは理解できない男子でも、普段から自分が見慣れたアイテムなら好意的に受け止めてくれることも多いです。
ポイントは「変にガーリーなアレンジのアイテムは避ける」ことです。たとえば、Gジャンならストレッチが入ったりウエストシェイプされたものではなく、シンプルで肩がコンパクトなノンストレッチのものを選ぶなどデザインは男性用そのままに、形だけがほんのり女らしいものをジャストサイズかややタイトに着るのがカジュアルアイテムを色っぽく着るコツ。

日々是コスプレ

男性は変化に弱いと言います。いくら好評でも、ずっと同じ路線のファッションで固めるのはちょっと損。女らしいスタイルが好きなら時々はカジュアルに、いつもラフなスタイルならたまにはかっちりコンサバスタイル、など、時々は変化球を。
男性が女子に感じる新鮮さはどんどん消えてなくなってしまうものですが、ファッションで変化をつけることで、まるで新しく出会ったような新鮮さを感じさせ続けることができます。その日の予定や気分で、コスプレ気分で幅の広いファッションを楽しみましょう。

ひとが着ていて素敵なモテ服が自分にとってもモテ服とは限りません。「女であることのアピール&時々の変化球」を忘れなければ、スキな服を着つつモテることだって可能になるかも?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019