恋愛エキスパートが男達の別れの言葉に隠されている身勝手な本音をずばり解読!?

2012.09.12

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

男が女に別れを告げるとき、えてして言い訳めいたことを口にしますが、それはどの程度信じられるものなのでしょう?
そんなお悩みに、イギリスの恋愛エキスパート、アンナ・J・グロスマン女史とフリント・ウェイネス氏のふたりがこたえてくれています。歯切れの悪い彼の言葉の裏に隠された彼の本心をずばり解読すると、こんなふうに。。。

男の言い分 君のせいじゃないんだ、僕が悪い”

本音→“君も悪くないけど、もっといい女と付き合いたいんだ”

男の言い分 “別れても、友だちづきあいは続けよう”

本音→“君さえよければ、セックスしたくなったときは俺のこと呼んで”

男の言い分 “もう君に魅力を感じなくなった”

本音→“君が高嶺の花のときは、すごく魅力的に思えたけど、付き合ってみたらそれほどでもないってことが分かったよ”

男の言い分 “君には俺よりももっといいヤツが相応しいよ”

本音→“もっとセックスに積極的になってくれれば、付き合い続けていれたかもしれないけど。。(でもムリだよね)”

男の言い分 “君とは、人生で目指すものが違うような気がする”

本音→“好きなSFものをゆっくり見る時間が欲しい。(君と一緒だと自分ひとりの時間が持てない)

男の言い分 ”君のこと好きだけど、そこまで本気になれない“

本音→”セックスしてるとき、ほんとは別の女のこと考えてるんだ“

半ば冗談めいたものもありますが、恋に終止符をうつにしても、悪者になりたくない、、、そんな下心がありありと浮かんでくるようです。
男たちが一番恐れていること、それは私たちが取り乱して号泣するシチュエーション。それだけはどうしても避けたいため、かなり遠まわしな伝え方を彼らなりに考えてはいるようです。でも、本音はどうあれ、彼が関係を終わらしたいと言っているのなら、あれこれ追求せず、こちらもさっぱりと見切りをつけるのが一番良さそうな気がします。。

2012.09.12

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Waxy

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介