【恋愛漫画】あのとき言葉にしていたら…! 実際にあった切ない恋愛エピソード

2022.03.29

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

思い出すと胸がチクッとするような、切ない恋愛をしたことはありますか? 今回は、Googirl読者さんに聞いた「切ない恋愛」の体験談をもとに、漫画にしてご紹介します!
言葉にするかしないかで、未来がこんなに変わるなんて……?

キャンディの意味

中学の頃、片思いしている男の子がいた。優という名前のその子とは、塾も同じで二人で遊びに行くような仲。高校に行ったら離れ離れになってしまうから、卒業までにどうにか気持ちを伝えたい……そう思った私は、バレンタインの日にハートのチョコを彼に渡した。だけど、彼からのお返しでもらったのは、キャンディーだけ……。義理チョコだと思われてるんだ。そう思ったら、告白なんてできなかった。何も言えないまま、私たちは卒業した……。
その後、優に彼女ができたことを知った私は、優の連絡先を消した。もう諦めよう。そう思った一年後、優と再会することになった。「何で何も言わずに連絡先を消したの?」と言う優に、私は隠していた気持ちを話し始めた。

▽ お互い両思いだったのに、ほんの少しのすれ違いで未来が変わってしまうんですよね……。時間は巻き戻せないけれど「あのとき、ああしていたら」と考えてしまいます。

2022.03.29

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 原桃子

アラサ―OL、フリーライター。 いつだって自分らしくマイペースに生活中。 悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。

華山ゆかり

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介