無意識での無駄遣いが原因? お金が貯まらない人の特徴4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2020.07.12.Sun

贅沢なんてしていないのに、お金が貯まらないことに首を傾げる人もいるでしょう。しかし、使わなければ少しずつでも貯まっていくはずです。それなのに一向に貯まらないということはつまり、無意識のうちに浪費しているということになりますが、無駄遣いの癖がついてしまっているなんて困ります! お金とうまく付き合っていくにはどのようにすればよいのでしょうか?

浪費家さんの特徴は?

(1)カード支払いがメイン

「カード払いが便利なので現金はあまり使いません。でも、どれくらい使ったのか、なにを買ったのかなど、全部覚えていられなくて……毎回ドキドキしながら請求書の明細を確認しています」(32歳/フリーランス/女性)

▽ クレジットカードやスマホ決済はたしかに便利なのですが、気を抜くとお金の流れを把握しきれなくなる可能性があります。また、その場でお財布から現金が減るわけではないのでつい買いすぎてしまうなんてことも……。「お給料も入ることだし、たくさん買っても支払い日までにはなんとかなるだろう」とあぐらをかいていると赤字決済まっしぐら、なんてことにならないとも限りません。

(2)買い溜めをする

「ポイントが倍のときなどを狙ってストック品を買い込みます。でも、結局使わないまま無くしてしまったり賞味期限が切れてしまったりすることも多いです」(35歳/ネイリスト/女性)

▽ 日用品をやたらに買い込むのもお金が貯まらない人がよくやりがちな行動です。多めにあるからとつい使いすぎてしまうことで結局高くついてしまったり、在庫チェックが難しくなりいくつも同じものを買ってしまったりするのは本当に無駄以外の何でもありません。さらに、それだけではなく場合によってはその大量のストック品を入れる収納棚を買い足したりしないとならなくなることも……。

(3)セールの文字に弱い

「セール商品と書かれているものや、何パーセントオフなどの文字に弱いです。割引きの文字につられて買ったはいいものの、けっきょく使わないものも少なくありません」(26歳/アイリスト/女性)

▽ セール会場ってなんだかワクワクしますよね!「みんなうれしそうに買い物をしているし、私も買っちゃおう! こんな値段で買えるのなんて今しかないし!」と財布の紐が緩んでしまうことってたしかにあります。でも、堅実な人はそういうこともあまりないのかもしれませんね。

(4)ご褒美買いをする

「節約を頑張っているからと、モチベーションが下がらないように自分にご褒美を買っています。でも、ストレスが溜まっているのか、いつもついつい買いすぎてしまうんですよね」(27歳/講師/女性)

▽ 節約を頑張るというのはやはり少なからずストレスが溜まるものですから、無意識のうちにその反動が出てしまう人もいるのでしょう。でも、それではいったいなんのために節約を頑張っているのやら……。ご褒美はほどほどに!

原因を自覚することが大事!

お金を貯めたいと思ったら、まずは自分の行動を振り返ってみることが大切です。無駄遣いの内容や自分の癖、ライフスタイルについて自覚することが貯金への第一歩となるのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子