あなたは大丈夫? 美容の天敵でもあるストレスを減らす4つの方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
紅緒

Written by:

2020.03.16.Mon

ストレスは美容の天敵とも言われていますが、あなたはそれを減らすために何か工夫しているでしょうか? ストレスはうまく付き合えば向上心に繋がったりもするのですが、抱えきれずにいっぱいいっぱいになっている方も見かけます。
それでは、どのようにして軽減させればいいのでしょう?

自分に厳しくするのをやめましょう

ストレスを溜め込みやすい方は、自分に厳しすぎる傾向があります。人から何かを頼まれると断れずに全てを引き受けてしまい、自分で何でもこなそうとして、なかなかうまく進まずストレスを抱えてしまうのです。
また自分ルールを作ってしまう方は、そのとおりに進まないとストレスになってしまうところがあるので、そういったルールを一旦外して、自分を開放してみてください。
いずれにせよ、自分を追い込むような選択をせずに、いくつかの逃げ道を作っておくといいでしょう。それは現実逃避ではなく、角度を変えて考える柔軟性を持つ必要があるということです。

変わらないものは変わらない

どんなに心配しても変わらないものは変わらない。ということは結構あります。自分ではどうにもできないことまで心配したり、最悪の事態を想像してしまったり。考えすぎによってストレスを抱えてしまう方は案外多いようです。
“なんとかなる”“なるようにしかならない”と割り切って考える必要があります。人の気持ちは時間の経過とともに変わりますよね。時間が解決してくれることもあるので、ヤキモキしていても仕方がないですし、努力だけではどうにもならないと考えるようにしましょう。

リフレッシュするものを作る

ネガティブになっている時は、リラックスすると余計に気落ちすることもあるので、リフレッシュすることを考えましょう。体を動かすとか外出するとか、友人に会うとか、以前から行ってみたかったところに足を運んでみるなど、自分の周りに淀んでいる空気を入れ替えるためにも必要です。
そういった刺激は、ストレスから開放されるための1つでもあるので、そういったリフレッシュアイテムをいくつか作っておくといいでしょう。

笑顔を意識する

楽しい時やうれしい時は自然と笑顔になりますよね。逆にツラい時や悲しい時でも笑顔を作ると脳は、顔の筋肉の動きを笑顔と認識して幸せだと思うようなので、試してみる価値があると思いますよ。
“笑う門には福来たる”というのは、よく考えられていると思いませんか?

いかがでしたか?

ストレスは抱え込むものではなく、自分が向上心を持つためのスパイスとして利用すると、効果を発揮すると思いますよ。ストレスとうまく付き合って乗り越えてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

紅緒

恋愛至上主義 美しいもの 美味しいもの ワインが好き。