今週末はおうちでのんびり。家での時間をぜいたくにするアイデア3つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2020.02.20.Thu

「一度きりしかない人生だもの、毎日をキラキラしたものにしたいの!」平日は仕事に精を出し、休日は話題のスポットやイベントに足を運び、自分磨きにも余念がない。そんなライフスタイルもステキだと思います。でもずっとこんなふうに力んでいては、オーバーヒートしてしまいそうだと思ったりもするのです。

“おうちでのんびり”も必要なのでは?

平日の疲れが抜けきらず、時には休日のお出かけさえ面倒に感じることもあるはず。しかし、多少面倒くさくても街へ繰り出せばやっぱり楽しいので、結局夢中になって遊んでしまい、また疲れがたまる……。もう、なんという悪循環! それなら思い切って“ただ家でのんびり過ごすだけの休日”を設けてみるのも良いのではないでしょうか。

“おこもりステイ”の感覚でぜいたくに

とはいえ、ただダラダラと過ごすことは苦手、そんなのは休日の無駄遣いだと感じる人もいるでしょう。それなら、家で過ごす時間をぜいたくなものにしてしまえば良いのではないでしょうか? ちょっと良いホテルに“おこもりステイ”するのは、「これぞ究極のぜいたく!」って感じがしますよね。イメージとしては、まさにそんな感じです。

具体的なアイデアは?

(1)おうちスパ

いつもよりもグレードの高い入浴剤と高級なパック、ハーブティー、良い香りのアロマやキャンドルを用意しておうちスパを楽しんでみてはいかがですか? さらに、着心地の良いとっておきのルームウェアが加わればもう完璧! 言うことなしです。普段使いはできないような少しお値段の張るアイテムを揃えれば、おうちスパとはいえ、その満足度は格段に上がります。

(2)おうちバル

お気に入りのお酒と大好きなおつまみを片手に、心ゆくまでぜいたくな時間を過ごしてみるのもなかなか乙なのではないでしょうか。このとき、メインの照明を落とし、かわりに間接照明などをつけると一気に雰囲気が良くなりますよ!

(3)おうち映画館

気持ちを休めるためには、のんびりと映画鑑賞をするのもおすすめです。ただ、ハードな内容のものをチョイスしてしまうと逆に疲れてしまうので注意が必要です。欲を言うなら、ゆったりと身をゆだねられるひとりがけソファなどがあると良いかもしれませんね。

「何もしない」をしてみる

休日は週に2日しかありませんから、デート、女子会、自分磨きなどをしようとすると「どうしても出かけざるを得ないんだよね~」となるのもわかります。しかし、インプットばかりの生活では、自分でも気づかぬうちに心と体が疲れきってしまうこともあるかもしれません。目指すは“おこもり上手”! 楽しいことを楽しいと感じるためには、デトックスタイムを設けることも重要なのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子