心を軽くするためのヒント。「不幸なのは自分だけじゃない」と心得よ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2020.02.05.Wed

人生のどん底に落ちたとき、自分だけが不幸な目にあっているように思ったことはありませんか? その考え方は不幸をどんどん大きくします。けれど、だれもが不幸を味わっているとわかると、嘘みたいに心が軽くなることもあるのです。

けっこうみんな不幸

失恋や彼とのケンカ、理不尽な仕事、金欠問題など、生活のなかで起こる、自分にとっては大きな悲しい出来事。あげたらきりがないほどの「不幸なこと」があると思います。
悲しいことに直面したとき、ついまわりが見えなくなってしまいがちですが、このような「生活のなかの不幸」は、あなた以外のだれかもきっと経験しているはず。女子会で不幸話をしてみると、だいたい「わかる!」と共感してもらえますよね。まったく同じではなくても、似たような経験をした人はいるもの。今起こっている悲しい出来事は、どこかのだれかが経験したことのある不幸なのです。

「あるある」で済ませたくない人へ

追い込まれるとわかっていながら、「この不幸は自分だけにかぎったことだ」と、いばらの道を選んでしまう……。逃げ道はいくらでもあるのに、まじめな人ほど悲しみに対してストイックです。
なぜその不幸に見舞われたか考えたときに、人生経験の浅さや力不足など、すべてを自分のせいにしていませんか? それで頑張れるのならいいですが、悲しみが長引いたり回数が多くなったりすると、しんどさから再起不能になることもあります。
今いる場所で頑張りたいと思うのなら、自分を追い込むことが最善の方法ではないはず。「こんなことはよくある!」と、ちょっと逃げて心を軽くしてあげましょう。このひと手間を怠ってはいけませんよ!

輝くあの人が不幸に見えないわけ

「あるある」と言っても、不幸とはほど遠く、毎日幸せそうに見える人もいますよね。そこにはちょっとした仕掛けがあって、そういう人は、幸せでいることを自ら選択して生きているのです。
「根がポジティブでないと難しそう……」と感じるかもしれません。カッコつけない言い方をすれば、「不幸に対して、そこまでまじめに向き合わない!」ということです。自分だけが不幸だと感じてしまう人との違いは、ここだけ。自分を責め続けるようなことはせず、次の手を考えることに力を使っているのです。

自分に自信を持って!

はい、お決まりのひとこと。なんでもかんでも、ほとんどの問題は「自分の自信」につながっています。不幸思考に陥りがちの人は、「こんな自分には不幸がお似合いだ」と少なからず思っているところがあるのでしょう。けれど、幸せでいることは想像よりもずっと心があたたかくなります。不幸でいるときよりも、何倍も自分らしさを実感できるはずです。
いきなり大きな幸せを目指さず、まずは落ち込みすぎないこと。「不幸なのは自分だけじゃない」と心得ておきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

ヒラタイカホノ

どこで区切ったらいいのか分からない名前のライター、その名もヒラタイカホノです。凹凸の少ない平たい顔が特徴。元アパレル店員、現管理栄養士兼ライター。女と男の悲しいすれ違いを失くすべく、明日からちょっと役に立つ恋愛記事をメインに書いています。Twitter:@iroirohiratai(よかったらフォローしてあげてね)