1日15分だけ!「自分タイム」で人生をもっと楽しむ方法5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2019.08.21.Wed

忙しい毎日……少し立ち止まって自分のためだけに過ごす時間を見つけたいけれど、なかなか難しいと思うことはありませんか? でも「15分だけ」ときっちり決めてしまえば、時間を捻出することはそこまで難しくはないはず。ということで今回は、そんな1日15分間の「自分タイム」で人生をもっと楽しむ方法をまとめてみました!

人生を楽しむための方法

1日を振り返ってうれしかったことや感謝したいことを数えてみる

1日を「今日も大したことができなかった」という思いで終わるか、それとも「今日はこんなうれしいことがあった」という思いで締めくくるかで、大きな違いが生まれます。ネガティブなことではなくポジティブなことに目を向けるためにも、1日にあったうれしかったこと、感謝したことを数え、リストアップしてみましょう。
1日に3つ、5つと数は少なくてもかまいません。この習慣が上向きなマインドを作り上げてくれるはずです。

ヨガやジョギングなどの「ミニ・エクササイズ」をする

「健康のため1日30分の適度な運動をすることが大事」なんて、よく耳にするかもしれません。しかし、毎日30分も時間を確保するなんてハードルが高い! という人も多いはず。ですが15分だったらなんとかなりそうだし、三日坊主にならずに続けられそうだと思いませんか?
外に出てジョギング、あるいは自宅でもヨガやストレッチで体のバランスを整えることでもいいのです。体が軽く気持ちよく動くようになると、毎日快適に過ごせます。

丁寧にスキンケアやフェイスマッサージをする

女子にとっては美容の時間も大事。忙しくても15分間だけは丁寧にスキンケアをしたり、フェイスマッサージをしてキレイを高めてみましょう。自分の素顔と向き合いケアする行為は自己肯定感をアップさせるし、マッサージでこわばった表情がほぐれていくと、自分が抱え込んでいた緊張感やプレッシャーも消えていきそうな気持ちになります。

親や友だちに手紙やカードを書いてみる

自分自身に余裕がないと、人にも優しく接することができません。そうなるとますます気持ちがギスギスしてきて、そんな自分に自己嫌悪を覚えることも出てくるでしょう。
心の余裕や優しさを思い出すためにもこの15分を使って、親や仲のいい友だちに手紙やカードを書いてみるのはいかがでしょう? 普段うまく表に出せない感情が見えてきたりモヤモヤした気持ちが整理され、すっきりとすることでしょう。

「こんなふうになりたい!」という夢や理想が詰まったビジョンボードをつくる

「ビジョンボード」とは、自分が「いいな!」と感じたものをどんどん集めてまとめたボードのことです。海外のリゾートや美しい自然の風景、憧れの人やファッション、メイクの写真、あるいは心にピンときた名言などをスクラップして、ボードに貼っておきましょう。そして常に目に留まる場所に置いておくことがポイント。
目につくたびに目標や理想が脳内に刻み込まれ、実現へと近づいていくことでしょう。

▽ 参考記事(海外サイト):15 Things To Do For Yourself This Week That Take 15 Minutes

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。