節約が苦手な人必読!「節約上手」がやっている3つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
大塚 ちえ

Written by:

2019.07.12.Fri

節約したいと思っているのになかなかうまくいかないとか、そもそも節約自体が苦手という人も多いと思います。でも、限られた収入の中でお金を貯めるには節約を上手にしたいもの。そこで今回は、節約上手な人がやっている節約のコツをご紹介します。

ルーティンを見直すこと

まずは日々、何気なくやってしまっているルーティンを見直すことから始めましょう。たとえば毎朝買っているコーヒー、3時のおやつ、疲れた日に買ってしまう栄養ドリンクなど、何気なく買ってしまっているものって実はたくさんありますよね。こういうものって意識していないけれど、意外と大きな出費になっていることもあるのです。
こういう無駄は発見しにくく、自分で改善しにくい部分でもあるので、まずは何気ない出費に気が付くことが大事。タンブラーを持ち歩く、そもそも疲れを取るのに栄養ドリンクに頼らない、おやつはダイエットもかねて抜くなど、解決策を考えて取り組みましょう。

妥協点を探すこと

一般的に、お金を払えば払うほどいいサービスが受けられるもの。しかし、全部が全部いいサービスを受けようと思うと、当然ながら余計なお金が発生してしまいます。
たとえばスマホ。大手キャリアのほうが通信速度が速いとか快適にサクサク使えるというのもあるかもしれませんが、よくよく考えるとスマホで使う機能と言えばLINEとTwitter、インスタグラム、そしてたまにWebブラウザで調べものをするだけだという人もいると思います。それなのに、サクサク使えることだけを求めて高い金額を払うというのは、いかがなものでしょうか……? 
体感的にはほんの少しブラウザが動くのが遅くなるだけで、通信費が半額になるのであればいいと思いませんか? こういう妥協点を探すのもポイントです。

無茶はしないこと

節約の中で一番NGなのは、我慢しすぎたり無茶しすぎたりすること。高すぎる目標は挫折のもとです。それを知っているからこそ、節約上手な人はできることから始めていきます。全く自炊してこなかった人が毎日自炊をするというのは難しいですよね。そうではなく、最低週3回は自炊をすると決めるということ。週3回のペースに慣れてきたら4回、5回と回数を増やしていけばいいのです。毎日日課だったコーヒーを急にやめるのが無理だというのであれば、お店で買うのではなくレトルトコーヒーに切り替えるということですね。何でも無茶は厳禁です。

まとめ

いかがでしたか。節約するのが困難に思える人も多いでしょう。しかし、ちょっと意識を変えるだけで簡単に節約できるようになる、というのもよくあること。まずは自分ができる範囲で、節約に対する意識を変えていきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

大塚 ちえ

都内で働く金融OL。仕事に家事に育児に貯金に、忙しい現代のはたらく女性を応援する記事を目指し日々精進中。