一緒にいても楽しくない…アラサーになると「疎遠になる」友達の特徴

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2019.06.22.Sat

アラサーあたりになると、人生のステージがそれぞれみんな違ってくるもの。人生のステージによって友達ってどんどん変わりますよね。今回はそんな、アラサーになると疎遠になる友達の特徴をまとめてみました。

10代や20代前半の頃の話ばかりする

いつまでも10代や20代前半の頃の思い出に縛られていること。たまに思い出話をして過去を懐かしむのであれば楽しいものの、そうではなく完全に過去に縛られている友達っていますよね。口癖は「あの頃に戻りたい」。いつまでも過去の栄光にすがりついている友達と話をしていると、足を引っ張られているような感覚になります。

人の幸せを喜べない

共通の友人が婚約、結婚、妊娠、出産したというおめでたい話を聞いても、素直に人の幸せを喜べないこと。本人のいないところで、「子どもとかいたら、やりたいこと出来なくなるよね」「あんな旦那と結婚したくない」など文句を言い散らかすうえに、本人の前でも「おめでとう!」という言葉を掛けることが出来ないのです。

いつまでも子どもっぽい恋愛をしている

いい歳になっても将来につながらないような、子どもっぽい恋愛をしていること。「今どきの中学生の方がまだ実りある恋愛をしているのではないか?」と思ってしまうほど幼稚な恋愛を繰り返しているのです。明らかに将来が見えないような人と付き合っていたり、同じ悩みばかりをずっと抱えていたり……。
過去の恋愛の失敗から全く学ばず、いつまでも成長しない友達の恋愛相談は聞いているとだんだんうんざりしてくることも。

女の武器を使えばいいと思っている

涙や色気などの女の武器を使えばなんとかなると思っていること。女の武器など若い頃にしか通用しないということを理解しておらず、アラサーになってもそれを駆使すればなんとかなると思っているのです。可愛いことや愛嬌だけで人生乗り切れると信じ込んでいて、全く自分にはスペックがないくせに、スペックの高い男が捕まえられると思っていることも。

ふてくされる

アラサーになっても怒りのコントロールができずにふてくされること。気に入らないことがあるとみんなで集まっていてもふてくされて、自分に注目を集めさせ、自分の思い通りにことを進めようとするのです。学生の頃はふてくされればみんなが「しょうがないなあ」と言うことを聞いていたものの、アラサーにもなればそういうわけもいかず、だんだんと友達が離れていくことに。

みなさんにも、アラサーになってから疎遠になった友人っていませんか? 年齢とともに付き合う友人が変わっていくのは普通のこと。疎遠になってしまった友人はまた新たに似たような人を見つけて仲良くなっているはずなのでご心配なく。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。