居心地のいい空間を作ろう! インテリアのお手軽センスアップ法5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2019.05.25.Sat

毎日もっとすっきり気持ちよく過ごしたい、前向きな気分をキープしたいと思うなら、インテリアを工夫してみてはどうでしょう? 自宅を居心地のいい空間にするだけで気分も上向きになり、毎日うきうき過ごすことができます。今回はそんなインテリアをセンスアップする方法についてご紹介します。

インテリアをセンスアップする方法

1. 大きめな観葉植物をインテリアの中心に

ストレスが溜まってイライラしやすい、自宅にいるのに何だか寛げない、という人におすすめなのは緑のアイテムを取り入れること。
例えば、大きめの観葉植物をどかっとインテリアの中心に据えるのはいかがでしょう。植物は空気を浄化するだけでなく、その葉の色に癒やされたりしますよね。さらに形がユニークだったりすると、インテリアとしても面白いアクセントになってお部屋全体のムードを一新してくれるでしょう。

2. 手作りのコラージュパネルやビジョンボードを飾ってみる

もっと仕事の幅を広げたい、クリエイティブな才能を開花させたいと思う人には、手作りのアイテムをお部屋に置くことをおすすめします。自分のお気に入りの写真をコラージュしたパネルや、自分の理想や目標をビジュアル化(可視化)したビジョンボードに自分流のデコレーションを施すといいでしょう。
オリジナリティ溢れる世界に一つだけの自分の作品……それはあなたにきっとパワーを与えてくれるはずです。

3. リビングに大きな鏡を設置して採光率をアップ

日中お部屋に自然光がたっぷり入ってくる明るい部屋にするだけでもずいぶん気分が違います。とはいえ狭くて日当たりが悪い部屋で暮らしているという人もいるでしょう。
そんなお部屋環境を少しでも変えるために有効なのは、大きな鏡を設置して採光率を上げることです。光を反射させることでお部屋がワントーン明るくなるので、それだけでも居心地が違ってきます。明るい部屋にしてムードアップも叶えましょう。

4. 季節の花々を美しく飾ってみる

大がかりなことでなくても、例えば季節の花々をテーブルに飾るだけでお部屋の印象は変わります。生花はもちろんお世話に手間がかかりますが、そのぶん季節感を味わえるし、本物の美しさを自宅で楽しむのはある意味とてもぜいたくなこと。
もしどうしても花のお世話が苦手という方は、プリザーブドフラワーや本物そっくりなシルクフラワー(造花)を使った花束やブーケを飾っても◎。

5. “これは一生もの!”と思える家具を1点投入

例え賃貸であっても、「自宅は自分の城」というくらい思い入れを強くしたいなら、家具にこだわるのがおすすめです。年代物のアンティーク・座り心地が抜群にいいデザイナーのチェア・レトロ感溢れるテーブルなど、一生付き合っていけると思えるような家具を1点設置するだけでとても満たされた気持ちになります。
狭い家でもこだわりをもって購入した家具があると精神的にもゆとりが生まれ、自信をもって過ごせるようになるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。