就活時に紫はNG!? 人生を好転させる「色の法則」とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
熊谷真理

Written by:

2019.05.03.Fri

人との関係性を築くうえで、“色”が重要なカギを握っていることをご存知ですか? 実は、色は感情にはたらきかける効果があり、服やメイクなど身につける色によって、自分の印象を操ることができるんです!

色の持つメッセージを読み解く!

色にはそれぞれ性格があり、相手にどう思われたいか、自分をどう見せたいかによって色を正しく選択することが大切です。TPOに合わせた色選びをマスターすると、人生をよりうまくコントロールできるようになりますよ。

赤…活発・陽気・興奮

赤は炎や怒り、興奮、競争など、エネルギーを連想させるカラー。赤を身につけると、闘争心をアピールしたり、相手を興奮させたりすることができます。また、落ち込んでいるときなど、身のまわりに赤のものを置くことで気持ちが奮起します。

ピンク…ロマンチック・フェミニン

ピンクは女性らしさの象徴的な色で、ピンクのものを身につけると、ロマンチックで可愛らしい印象に見せることができます。またピンクを目にすることで、緊張がやわらぎリラックスできます。

オレンジ…元気・若々しい・食欲増進

オレンジは太陽を彷彿とさせる色で、自分をイキイキ元気に見せたいときに使用したいカラー。また、スポーティーな印象も与えられるため、インドア派な印象を払拭したいときなど、オレンジのメイクや服を着るとアクティブに見せられますよ。

ベージュ・茶…落ち着き・信頼・上品

ベージュや茶系の色は、上品さや重厚感を感じさせる色味で、落ち着いた印象を与えたいときにピッタリ。子どもっぽく見られることが多い人や先輩らしさを表現したいときなどは、ベージュや茶などを選ぶと、落ち着きのある頼れる印象を植え付けることができます。

黄色…明るい・カジュアル・元気

黄色は軽やかでカジュアルな性格を持つカラーで、黄色を身につけることでフットワークの軽い、ハツラツとした印象を与えることができます。気分が優れないときは黄色のものを身のまわりに置くと、無意識のうちに心が晴れやかに。

緑…ナチュラル・安全・清楚

緑は自然にまつわるカラーで、ナチュラルで安心感のある印象を与えることができます。また集中力を高めたり、興奮状態を冷ましてくれて、相手の怒りを鎮めて冷静に話し合いたいときにも最適なカラーです。

青・水色・紺…冷静・知的・清潔

青は寒色の代表的なカラーで、クールで知的な印象を与えたいときにもってこい。営業や接客など、清潔感が求められる職業の人には欠かせない色です。また、デートの時にピンクなどの甘めな服が多い人は、たまに青系の服を着ていくと、媚びないクールな一面を演出できるはず。

紫・ラベンダー…高貴・エレガント・ミステリアス

紫は個性の強い色で、高貴でエレガントな印象を与えられる反面、若々しさ、新鮮さとは対照的な要素を持ち合わせています。就職活動などフレッシュさが求められる場では、紫のネクタイやシャツ、アイシャドウは避けておいた方が無難。

色選びで人生をより良く

私たちの身のまわりには数えきれないほどの色が存在し、無意識のうちに重要なエレメントとして私たちの感情をコントロールしています。色がもたらすパワーを意識しながら生活すると、人生が好転していくかもしれないですね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

熊谷真理

NY近郊在住のコスメコンシェルジュ。NY州認定エステティシャン。1児のママ。Instagramのフォロワーは3万人超。独自のコンプレックス解消メイクテクには定評あり。
instagram : https://www.instagram.com/mari _loves_beauty/