なにをやってもうまくいかない? 自分のスランプを乗り越えるヒント

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
占い師シータ

Written by:

2019.03.06.Wed

「なにをやってもうまくいかない」「やりたいことがわからなくなってきた」などと、悩む時期ってありませんか? それは自分自身のスランプかも! スランプ(停滞期)が起こるのは、スポーツ選手やアーティストだけのものではありません。あなたも乗り越えて成長しましょう。

自分自身のスランプを乗り越えるヒント

1. 他人と自分を比べない

「私はこんなに努力しているのに負けてる!」と、停滞期に入っているときは、無意識に他人と比べがち。次々と比較する対象を探してしまうので、「自分はなにもできない」という錯覚に陥ってしまうこともあります。
他人のことが気になりはじめたら、ネットやSNSから離れて楽しむことがオススメ。一人ぼーっとするだけでも、復活のキッカケになります。

2. 焦って決断をしない

「とにかく早く決めなきゃ」とスランプのときに限って、先を急ぎたくなるもの。気持ちの不安定さによって、白黒ハッキリとした進む道を作りたくなるのです。とはいえ、焦った気持ちで動くと失敗しやすいのは、誰もが経験上わかっているはず。停滞期のときに、未来の選択肢をイメージすることはプラスですが、大きな決断を急がないことが大切。
じっくりと自分を振りかえるときが、スランプだと捉えましょう。

3. じっくりと体調を整えて

スランプの時期が訪れるのは、決してマイナスなことではありません。努力して精一杯がんばってきたからこそ、一度立ち止まるときなのです。無理して“モチベーションアップを目指す”、“自分磨きに励む”という努力を重ねても、裏目にでてしまうかもしれません。
こんなときには、一度ゆっくりとお休みを取り入れるほうがスッキリします。がんばる気持ちをストップし、癒しやリラックスをテーマに過ごしましょう。

4. 実は自分に飽きているかも

「自分の好きなこと・やりたいことがわからなくなってきた」と、目標を見失ってしまったような気持ちになるのもスランプ。実は今の自分自身に、マンネリを感じているのです。ある程度の成果をだしたので、緊張感や刺激がなくなってきている状態です。
こんなときは、日々のルーティーンから少し離れて、全く別のジャンルに触れてみましょう。自然に思考パターンが変わり、新しい考え方や興味が浮かんでくるはずです。

5. 新たなチャンスの直前と心得て

「なにをやってもうまくいかない」という時期は、今の環境から新しい状況に移る、準備期間だといわれています。ステップアップが待っているからこそ、その直前にはモヤモヤしてしまうのです。過去に努力してきた事実が、なくなることはありません。
たとえマイナスの状況が続いていても、目の前にいきなり、いいチャンスや新たな目標が現れることを忘れないで。期待を持って過ごすだけでも、先が変わって見えてきます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

占い師シータ

占い師・カウンセラーとして全国のイベントや公演に出演。名古屋占いカフェスピリチュアル在籍、タロット講座主催、占い教本の監修、エキサイト公式占い師など。
http://uranaishita.com/
◆yahoo公式占いコンテンツ「『言われた答え、全部図星』瞬時に決断下す神技/ガーディアンreading」