夢を確実に現実にしてゆくためのステップ5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2019.02.16.Sat

1年の始まりに“新年の目標”を立てたけど、もう計画倒れに終わりそう……なんてことにはなっていませんか。キャリアアップ・ダイエット・貯金……なんであれ決めたことは今年こそ確実にゴールを達成して、ますます人生を充実させていきたいですよね。
そこで今回は、夢を確実に現実にしてゆくためのステップをご紹介します!

夢を確実に現実にするためのステップ

1. いきなり大きな目標ではなく、着実にこなせる小さな目標を立てる

ただ漠然と「年収1,000万円になりたい」「グラビアモデル体型になりたい」なんて思っているうちは、妄想しているのと同じ。本当にその願いを叶えたいなら、それに向けての具体的なアクションを綿密に立てることが大切です。
そして毎日、あるいは週単位でもいいので着実にこなせる小さな目標を時系列ごとに立ててゆきましょう。最初はシンプルかつ簡単なことでも構いません。少しずつでも前に進んでいる実感が自信にもなります。

2. 目標を達成するために必ずやるべきことは習慣化してしまう

いつも目標倒れで終わってしまう人と、目指したことを次々と達成し成功し続ける人との違いってなんでしょう? それは生まれ持った才能というより、やるべきことがはっきりしたら、それを毎日の習慣として定着化できるかどうか、にあると言えそうです。
例えば、必ず朝6時に起きて勉強や朝活に励む、ダイエットならお菓子を極力買わない……。どんなことでも習慣と言えるほど当たり前にしてしまえば、夢は必ず現実へと近づきます。

3. 朝と夜の1日2回、進捗状況を自分でチェックし、やるべきことを明確にする

1日の朝と夜の2回、今日自分がどんなことをしたか、なにを達成し、なにができなかったのか、夢に向けての進捗状況をセルフチェックしてみましょう。1日2回なんて頻繁過ぎると思いますか?
でも少なくともこの時間は自分の夢や目標を強く意識するし、なにができるか、ということを考えるきっかけとなります。そんな意識づけを1日2回行うことで、“必ず達成してやろう”という強い意志を脳に刻み込むことができるでしょう。

4. 目標に向かうためのモットーや応援フレーズを決めておき、常に意識する

目標や夢を達成できるかどうかの大きな違いは、やる気やモチベーションをキープできるかどうかにあります。もっと言えば、モチベーションを高くキープできれば実力以上にパワーを発揮し、夢を掴めるというものです。
だからこそ自分の心を奮い立たすような名言・スローガン・モットー・応援フレーズをぜひ決めておき、部屋の目の着くところに張ったり、手帳に書き込んでおきましょう。言葉の力は決して無視できません!

5. それぞれの目標を達成したときの“ご褒美”も決めておく

毎日コツコツと小さな目標を達成してゆけば、1か月後、3か月後、6か月後と変化は必ず現れてくるはずです。そんな変化をしっかり自覚し、さらに夢に近づくモチベーションを高めるためにも、“自分ご褒美”を決めておくのもいいでしょう。
そんなお目当てがあれば、普段はストイックに努力を続けてゆくことも強いストレスにはならないはず。しっかりとメリハリをつけるためにも、自分へのご褒美はとても効果があります。

▽ 参考記事(海外サイト):The seven steps to achieving your New Year's resolutions: Single mother who put away $30k in a year reveals the tricks she uses to reach her goals - and how you can do the same

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。