インテリアを秋仕様にチェンジするお手軽テクニック4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2018.10.22.Mon

つい最近まで夏の匂いに包まれていたというのに、今ではもうすっかり秋めいた気候になってきました。この突然すぎる季節の変化に、あわてて衣替えを終えたという人も多いと思います。しかし、自宅や自室についてはどうでしょう?
「もちろんもう夏小物はしまったし、秋らしいインテリアに囲まれてステキな生活を送っているわ!」というような、しばしばインスタグラムで見かけるような生活を送っているステキ女子に憧れつつも、現実はなかなか“季節に追いついていない”のではありませんか?

簡単に秋っぽくする方法は?

日本には四季があります。せっかくなら、インテリアでも移りゆく季節を楽しみたいですよね!
ラグや大型のインテリアから全てシーズンごとに変えることができたら、手っ取り早く季節感を感じることができるのですが、まさかモデルルームでもありませんし、誰もがハリウッドセレブのようなリッチな生活ができるわけではありませんから、そんな非現実的な話はいたしません。
むしろ、毎日仕事に追われている忙しい女性、筆者のようなナマケモノ女子にこそ向いているアイデアばかり! 誰でも簡単に取り入れられる方法をご紹介していくことにします。

(1)カラーリングを落ち着かせる

夏インテリアでは、ポップなカラーをたくさん取り入れることがマストでした。でも、秋インテリアではなるべくシックにまとめるのがベター。オフホワイトやブラウンなどを基調とすると、簡単に落ち着いた雰囲気にまとめることができます。

(2)ファーやニットのブランケットをソファにオン

ファーやニットのブランケットを、いつものソファにプラスするだけで簡単に季節感を取り入れることができます。手軽なだけでなく、ソファの座り心地もよくなるのでオススメです。

(3)ドライフラワーをプラス

ドライフラワーは、落ち着いたイメージのある秋のイメージにぴったりです。さらに、流行りのスワッグをセレクトすれば季節感とトレンドの両方を取り入れられるので一石二鳥ですし、お気に入りのペンダントライトなどと隣り合わせに飾れば、その様はまるでオシャレなインテリアショップさながら!

(4)イベントコーナーをつくる

「スペース的にも、部屋中のインテリアにプラス1の季節アイテムを取り入れるのは難しい……」という人は、どこか1か所だけでいいので(ニッチスペースを利用したような狭いスペースなど)秋らしいアイテムを取り入れる空間を設けてみてください。ハロウィーンの小物を飾るのもよし、松ぼっくりやアンバー系の色合いの小物を飾るもよし――。とにかく秋っぽいアイテムを集めたコーナーをつくるだけで、ぐんっと秋感を出すことができます。

巡る季節を楽しんで

以前、南国に遊びに行ったときに現地の人から「日本は四季があるんでしょ? 夏以外の季節を楽しめるなんていいよね! 羨ましい!」と言われたことがあります。それまでは“四季があることが当然”だと思っていましたが、世界的に見ればそんなことはないんですよね。
それに気づいてからは、季節を感じることを俄然楽しむようになりました。ぜひ皆さまも、巡る季節をたっぷりと感じてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子