基本が大事! 職場で可愛がられない人の特徴

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2018.09.05.Wed

他人とはいえ、1日に8時間以上も一緒に仕事をしていれば、相手の性格のおおよそはつかめてくるもの。職場での人間関係は仕事をするうえでも重要になってきますよね。できることなら、相手から嫌われず、スムーズに仕事をしていきたいと思うもの。
とはいえ、なかなかそう簡単にもいきません。ここでは、職場で可愛がられない人の特徴について聞いてみました。

挨拶ができない

「出社してきても黙って自分のデスクで仕事を始める後輩。『おはようございます』っていう挨拶は基本中の基本なのに……。同僚の子が挨拶していてもスルー。挨拶ができない子は可愛がられないと思う」(30代/IT)

▽ 人間関係を育むうえで、挨拶は基本中の基本です。「おはようございます」「ありがとうございます」「よろしくお願いします」は、大人であれば言えなければいけないものですよね。
にも関わらず当たり前のように挨拶をしない人に、イライラを募らせる人たちも……。挨拶を返さないのはもちろんNGですが、できることなら自分から率先して挨拶をしていきたいものですね。

ミスをしても謝らない

「誰にでもミスはあると思うけど、ミスをしても絶対に謝らないで『でも~』とか『私もそう思ったんですけど~』って言い訳ばかり。言い訳をする前に謝ったらどうなの? って思う」(20代/看護士)

▽ 失敗は誰にでもあるものです。仕事をしていれば時にはミスをしてしまうこともあるでしょう。そんなときの対応に、人間性が現れます。ミスを受け入れずに、「でも」「だって」などと言い訳をする人は、見ていて痛々しいものです。
自分のミスを認め、謝罪ができて初めて次の段階へと話が進みます。言い訳をする暇があるなら、どうしてミスをしてしまったのか、改善をするために何ができるのかに時間を費やすほうが適切です。

バカにした態度をとる

「教わっているのに、『知っています』って強く言ったり、指摘すると『はいはい、わかりました』って言ったり……。相手のことをバカにしたような態度をとる後輩くん。いったいどんな育ち方をしたらそんな偉そうになれるの……?」(20代/不動産)

▽ 仕事をする姿勢は相手への態度にも現れるものです。「知っています」と自分に丁寧に教えてくれている相手の話を急かしたり、「はいはいわかりました」と相手をイラつかせるような言動をとる人は嫌われます。
どんな立場でも相手を見下す態度をとるのはマナー違反。教えてもらったら「ありがとう」、頼まれたら笑顔で引受けるなど気を回したいところ。

ズル休みがバレバレ

「飼い犬が病気になったとか、接着剤が目に入ったとかいう微妙な理由でしょっちゅう会社を休む子がいる。1度や2度ならわかるけど、月に2回以上そうやって休んでいるからズル休みがバレバレ……。そろそろ欠勤の理由のネタがつきる頃だと思うんだけど……」(30代/PR)

▽ 明らかに嘘だとわかるズル休みは、周りをドン引かせます。休みたいときは「体調が悪い」と伝えればいいもの。休むためのネタ探しを頑張る時間があるなら、仕事をしたほうがいいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれ。ライター/コラムニスト。

メディア、広告の編集者を経てフリーライターに転身。
大学在学中からコラムの仕事を始め25歳で結婚。
コラムでは恋愛、婚活、ママ、子育てのジャンルをメインに執筆。

twitter:https://twitter.com/rizuko21
mail:[email protected]