すぐ立ち直れる!「落ちている時」のポジティブな気持ちの作り方4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2018.07.31.Tue

「友達と喧嘩した」「彼氏となんだか最近しっくりこない」「最近、仕事のプレッシャーが重い」など私たちは、普段生活していると突き当たる壁や悩みによって気分が落ちてしまう時がありますよね。
何だか無気力で何もやる気が起きない……。そんな気分になることもあるでしょう。でも、そんな「落ちている時」こそ試してしてほしいシンプルな気持ちの取り戻し方があるんです。今回はそんな時の、すぐ立ち直れる方法をご紹介してゆきたいと思います。

好きな曲の歌詞を読み返す

落ち込んでいる時は、ただただ「暗い曲」を聴いてしまいがちですが、それはやめておきましょう! 気持ちがますます暗くなってしまい、暴走してしまいかねません。良く効くココロのサプリは、好きなアーティストのポジティブな曲の歌詞をよーく聴いてみること。あなたのココロに響くフレーズがあるはずですよね。
それをよく分析してみると、今まで引っかかっていたネガティブな何かを吹っ切れるような気持ちになりませんか? ネガティブ思考が落ち着くと、歌詞がココロに染みてきて、また頑張ろうと思えてくるはずです。

褒められてうれしかった言葉を書く

小さな頃は親から、大きくなってからは先生や上司から、あなたの長所を褒められた経験ってありませんか?
私達の脳は、自分が欲しいものをもらったら、満足感を得て喜ぶ機能を持っているそうです。つまり、何らかの報酬を得ると「脳の気分が良くなる」ようなのです。褒められるのも同様で、元気がない時、脳が褒められた言葉に反応して「報酬を得た」と感じ、私たちのココロは自然と良い気分になっていくそうなのです。
この褒められた時の言葉を思い出して、ノートに書き出してみてください。あなたの良い部分が視覚化されて、あらためて自分の長所に気がつくはずです。きっとココロに元気を注入できるはずですよ!

昔大好きだった絵本を思い出す

大学で児童文学を専攻していた筆者ですが、児童文学を学ぶ中で「絵本には癒し&ポジティブ思考になる効果がある」ということを知りました。とりわけ、昔大好きだった絵本が1番良いと言われているそうです。その絵本を読んでいた時の好奇心や探求心、そして懐かしさなどがあなたのココロに癒しを与えてくれるというわけです。
また、昔大好きだった絵本には、新しい考え方や生きていく上での良いヒントなどが詰まっているのだそう。今はもう手もとになくても、内容を思い出したり、インターネットで検索してみたり、購入して読み返してみてはいかがでしょうか? 癒し効果が発揮されて、悩みが吹き飛んでしまうかもしれませんよ!

自分にご褒美をあげる

最大の癒し&ポジティブな気分にさせてくれるのは、やっぱり自分へのご褒美! 甘いスイーツを食べる、お洋服を買う、読みたかった漫画や映画などを満足いくまで鑑賞する、ゲームにひたすら没頭する……など、自分にご褒美をあげましょう。
いつも頑張っている自分、壁にあたっている今だからこそ、たまには甘やかすことも大事です。気持ちが落ち込んだらあとは上がってゆくだけ。女子の「ココロのおもむくまま」を実行して、気持ちを盛り上げましょう! きっとあなたのココロは元気を取り戻すこと間違いなしですよ。

まとめ

いかがでしたか? 今回はシンプルな手法で元気になれる例をあげてみました。私たちの日常は悩みが尽きませんが、上記にあげた方法でぜひ気分を上向きにさせてみてください。
また、悩みのない日常の中で試してみることもおすすめです。普段よりももっと元気になれること、間違いなしですよ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

根本 一凛(Nemoto Ichica)

主婦ライター。大学生時代からライター業を始める。OL時代は、アパレルブランドプレスやジュエリーブランド・化粧品会社・金融関連会社など様々な会社でPR広報担当を務める。OLの傍ら、雑誌やwebにて執筆業を始め、主婦になり本格的にwebライターの活動を開始。社会経験の多さから得た知識、特にファッション・美容・恋愛コミュニケーション術・メンタルヘルス・出産育児関連と、幅広くライティングに取り組んでいる。Twitter:ICHICA @ns_ichica