教えて! 多忙女子たちの夏バテ予防アイデア5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2018.07.28.Sat

普段の忙しさに加え、この暑さ、今の時期はどうしたって夏バテしやすい季節です。でも夏バテなんかしていられないという多忙女子たちはどうやって乗り越えているのでしょうか。夏バテはなるまえに予防するのが鉄則ということで、そのアイデアをお伝えします!

多忙女子たちの夏バテ予防アイデア

1. 冷たいものは飲まないようにする

「夏はつい冷たいアイスコーヒーやジュースが飲みたくなりますが、体を内側から冷やして不調の原因になりそうなので飲まないようにしています。その代わり飲み物は温かいお茶をマイボトルでいつも持ち歩いています。経済的で体にもいい気がします」(教育/30代)

▽ 冷たいドリンクについ手が伸びてしまいますが、無意識のうちに体を冷やしてしまっている可能性が。とくに女性は体の冷えが不調につながりやすいので気をつけましょう。

2. とにかく寝れるときはたくさん寝るようにする

「夏は暑いうえに冷房のおかげで寒暖差が激しかったり、食欲が低下したり、ただでさえ疲れやすい時期だと思うので、とにかく睡眠第一と思って、時間さえあれば寝るようにしています」(サービス/20代)

▽ 何はともあれ十分な睡眠こそ疲れをとり、免疫力を保つための最も効果的な方法なのかもしれません。スマホやテレビを見ながら夜更かしするくらいなら、明日のためにさっさと寝たほうが得策です。

3. 生活を朝型に切り替えて、早朝に何かやってしまう

「夏でも早朝は涼しくて意識もシャキッとするので、生活を朝型に切り替えて家事やちょっとした仕事などは早朝にやってしまうようにしています。朝に一仕事片付けてしまうと、充実感もあり、一日が快適に過ごしやすくなります」(金融/30代)

▽ 夏こそいわゆる“朝活”がしやすい時期、まだ日も明けない涼しいあいだだからこそ、かえっていろいろなことに集中して取り組めます。生活リズムも自然と朝型となって健康になりそうですね。

4. シャワーで済まさず、お風呂にちゃんと入る

「夏ってシャワーだけで済ませていたのですが、やっぱりお風呂にじっくりつかったほうが疲れが取れるし、睡眠の質も高いような気がするので、一日の終わりにちゃんとお風呂に入るようにしています」(主婦/20代)

▽ 体の調子を整えるためにはやはり全身のコリや疲れをしっかりとることが大事なようです。暑い夏だからこそ、熱いお風呂にしっかり入って体を温め、代謝を上げることも夏バテ防止になりそうですね。

5. 夏バテに効果があると言われる食材をたくさん食べる

「食事ってやはり大事だと思うので、夏バテに効果的な食材を意識して食べるようにしています。とくに夏野菜がたっぷり食べられるラタトゥイユは常備菜にして、ほぼ毎日食べています」(公務員/20代)

▽ 食事は健康を守るための重要ファクター、野菜をしっかりとれる食生活をしているのは夏バテに限らず、自分の健康や体調をキープする上でもとても大事なことですよね。

まとめ

夏バテと一口に言っても、原因や程度は人それぞれ。だからこそ自分の体質に合ったアプローチをしっかり見つけて、夏バテを寄せつけないことが大切ですよね。
とはいえ、どんなに気をつけていても体調に波があるのは避けられません“疲れたな”と思った時はくれぐれも無理せず自分の体を労わってあげましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。