○○にビクビク…? 女性陣が抱える、夏ならではの悩みとは

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2018.07.21.Sat

短い夏は、私たちの心を晴れやかにしてくれます。でもここまで暑くなると、当然今までになかった悩みだって出てくるもの。そこで今回は「夏ならではの悩み」について、女性陣にリサーチしてみました。

女性が抱える夏ならではの悩み

食べ物がいたむ!

・「この季節のお弁当は、食中毒が怖いですね。いたみにくいおかずにしているとはいえ、どれも100%ではないと思うので……」(30代/主婦)

▽ この時期はあっという間に食べ物がいたんでしまいますよね。食卓に並ぶ食材はもちろん、お弁当にも相当気を使います。いくら保冷材を使ったり、生ものは入れないなどの配慮をしているとはいえ「もし私が作ったお弁当を食べて、子どもがお腹をこわしたらどうしよう……」と考えてしまうのです。

薄着をしたくない…

・「二の腕が気になるのでなるべく半袖は着たくないです。でも暑すぎてそうも言っていられなくなりました」(30代/経理)

▽ 今までは服装で何とか体型をカバーしてこれたものの、ここまで猛暑が続くと、さすがに長袖もキツくなってきます。「周りに太っていると思われたらイヤだな……」と思えば思うほどに、どんどん自分に自信がなくなってしまいます。

エアコン問題

・「職場のエアコンがガンガン効きすぎてツラい! カーディガンを羽織っていても極寒です」(20代/一般事務)

・「夫がエアコンを18度で設定する。寒すぎるし電気代が高くつくのでやめてほしい」(30代/パート)

▽ エアコンの温度設定問題は、女性陣を悩ませますよね。特にオフィスだと、寒くてもなかなか言い出しづらいものです。また「エアコンのせいで電気代が上がって困る!」との声も。グリーンカーテンやすだれを併用することで、自宅のエアコンの温度設定を上げられるかもしれません。

虫がイヤ!

・「この時期に必ず再会するG。見つけるたびにギャーギャー騒いでいます……」(30代/主婦)

・「蚊に刺されやすいので、夏の外出には虫よけスプレーが必須ですね」(20代/飲食)

▽ 冬には現れなかった虫が、暑さとともに動きはじめます。部屋でGを見てしまった日には「もうやめて~!」と思わず絶叫したくなってしまうでしょう。特に一人暮らしの人にとって、虫問題はかなり深刻みたい。

急に来る夕立

・「今日は晴れているから大丈夫と思って洗濯物を干したのに、急な夕立にやられて全部パーになることが度々ある。また一から干し直しなので本当に面倒くさいです……」(20代/会社員)

▽ 予測できない夕立やゲリラ豪雨は、私たちの予定を大きく変える原因に。遊ぶ予定がなくなることもあれば、帰宅すらも困難なときもあります。また大量の洗濯物を洗い直すのかと思うと、仕事終わりの疲れがさらにドッと溢れてしまいます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]