STOPケンカ! 旅行中にイライラされる言動とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2018.07.19.Thu

皆さまは、彼氏や友だちと旅行に行くのは好きですか? 家族と行くのも良いですが、彼氏や友だちとする旅行もまた違った魅力があるものですよね。しかし、旅行といえば終日、しかも数日間ずっと一緒に過ごさなければなりません。
仕事終わりの数時間、家に帰るまでの寄り道をするような感覚ではいられないことが、恋愛関係や友情関係に亀裂を入れることもあるようなのです。旅行先ではどうしても慣れない環境下に置かれるため、疲労感を感じやすく、またそれによって気持ちに余裕がなくなることもあるでしょう。
普段なら気にならないようなことまで気になってしまい、イライラしてしまうこともあるのです。

旅行中にイライラ

長時間一緒にいることで垣間見える“価値観の違い”

違う環境で育ってきたわけですから、長時間一緒にいることで、それが浮き彫りになることもあるでしょう。リサーチをしてみたところ、それがストレスの原因になることも少なくないようです。
オトナ女子の皆さまは、どのようなところでイライラすることが多いのでしょうか。それでは具体的に確認してみることにしましょう。

具体的なイライラ例とは?

整理整頓

「ホテルで楽しく過ごした後、なぜ軽くでも整理整頓をしていかないのでしょうか? 軽くでも整えていくのが礼儀ではありませんか?」(営業/29歳/女性)

▽ ある程度キレイにしておいたほうが掃除に入る時もやりやすいだろうし、実際に掃除をしていく上でもあまり嫌な気持ちにならないのではないだろうかという考えから、これは筆者も心がけるようにしていることです。
しかし、ここはやはり考え方の違いが大きく現われるところ。以前、部屋の整頓はしない派の友人に聞いてみたところ、彼女いわく「どうせこちらが整理整頓をしたところで、もう一度清掃に入らなければいけないことに変わりはないのだから(こちらが整理整頓をするのは)合理的ではない」とのことでしたから。

好き嫌いが多すぎて

「好き嫌いが多い友だちと一緒に旅行した時には、イライラしてしまいました。何を提案しても否定されてばかりでは楽しくありません」(教育/30歳/女性)

▽ 何が好きか、何をしたいか、それらのすり合わせを入念に行うことで回避できることもあるかもしれません。その上で、「何も意見を出さないのであれば一切の文句は受けつけない」という旨の補足をつけ足すことも忘れずに!

すべて他人任せ

「私の彼が、旅行先での雑事を他人任せにするタイプで困ります。特に海外だと、それが顕著に表れるので……」(フリーランス/28歳/女性)

▽ 会話などで、あまり自分から進んで前に出ていくタイプではない人もいますよね。でも、会計など他のことは得意だったりすることも。得意な人が得意なことを引き受ければ良いと考えると、少し負担が軽くなるかもしれませんね。

価値観の違いを認めよう!

ケンカの勃発を防ぐためには、相手への思いやりの心と感謝の気持ちを忘れないようにしなければなりません。また、お互いを思いやる配慮と、お互いが気持ち良く過ごすための努力をすることも必要なことです。
価値観は、違っている人がいても当たり前のことなんです。一概に価値観の違いを否定しても、楽しいことはひとつもないでしょう。旅行を楽しむためにも、人間関係を円滑に営むためにも、それぞれの価値観を認め合うことが大切なのではないかと思います。

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子