好きなことは仕事にするべきorしないべき? 女性の意見を聞いてみた!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2018.06.11.Mon

就活や転職の際に必ず思うのが「私ってどんな職業が向いているんだろう」ということ。そうするとおのずと「やりたいことをやるべきなのかな?」「それとも安定した職種に就くべき?」など、いろいろと悩みが出てくるはず。
そこで今回は、好きなことは仕事にするべきかしないべきなのか、女性陣の意見を聞いてみました。

仕事にすべき派

毎日が楽しい!

・「もともと興味のない会社の事務をしていたのですが、洋服が好きだったのでアパレル業へ転職。いまは毎日かわいいものに囲まれて、楽しく仕事をしています」(20代/アパレル)

▽ せっかく自分で仕事を選べる環境にあるのなら、やりたいことをやるべきだという意見。たしかに仕事は毎日のことなので、全く興味のないことだとツラいかもしれませんね。
またたとえ収入が少なくても、「自分がやりたいことをやれているんだから」と納得ができるようです。

チャレンジ精神がわく

・「学生時代まではあまり自分の意見がなく、どちらかというと目立たないタイプだった。でもフリーで仕事をするようになってからは、『あれもやってみたいし、これも挑戦したい!』という気持ちが自然と生まれるようになりました」(20代/フリーライター)

▽ 好きなことだからこそ、チャレンジ精神もわいてくるもの。いままで周りに流されていた人も、自分の意思を持って行動できるようになるのかもしれません。
これも好きなことを仕事にしているからこそのメリットでしょう。

仕事にはすべきじゃない派

だんだんイヤになってくるから

・「『甘いものが好きだから』という理由でケーキ屋さんに勤めたはいいものの、見ているだけで飽きるように……。やっぱり好きなものは適量がちょうどいいのかなと思った」(20代/販売)

・「好きなことが原因で怒られると、それさえもイヤになってきてしまう」(30代/企画)

▽ いくら好きなものとはいえ、仕事であることに変わりはありません。そのため時には上司から怒られることも……。そうするとだんだん本来の「好き」という気持ちが薄れてしまうケースも。
また単純に好きなものでも、毎日ずっと見ていると飽きるとの声も聞かれました。

プライベートとの区別がつかなくなってくる

・「コスメが好きでBAになったけれど、最近ではプライベートでも仕事感覚でコスメを見るようになってしまった」(20代/BA)

▽ 好きなものということは、いわゆる「趣味」を仕事にする人が多いはず。仕事中はそれで楽しいのかもしれませんが、何だかプライベートまで仕事をしている感覚に陥ってしまう場合も。
そうするとオンオフのメリハリをつけるのが難しくなってしまい、何だかいつも気が休まらなくなってしまうようです。

仕事は毎日のことだからこそ、なるべくなら興味のあるものを選びたいもの。ただ仕事選びによって、思わぬリスクを伴うこともあります。好きなことを仕事にするのか、それとも仕事はお金を稼ぐものとして割り切るのか……。
どちらが間違った考えということはありません。自分の性格と照らし合わせて、一番いい道を選んでくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]