いくつになってもわが子! お母さんが娘にしてもらってうれしいこと【後編】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2018.05.02.Wed

世間では母の日の贈り物が並ぶこの季節。とはいえお母さんの存在が当たり前になってしまい、母の日をスルーしてしまっている人もいるのでは?
そこで今回も前編に引き続き、「お母さんが娘にしてもらってうれしいこと」についてご紹介します。さっそく見ていきましょう!

家の手伝い

・ 「洗い物や洗濯など、家のことを手伝ってくれるだけでありがたいです」(50代/パート)

▽ 主婦のやることはたくさん。特に年齢を重ねるごとに、毎日こなしている家事もより負担になっていきます。大層なことは望まず、ただ料理や掃除などを手伝ってくれるだけでありがたいとの声が。こちらは母の日だけとはいわず、常に率先して行いたいものですね。

一緒に買い物

・ 「私は車の運転ができず、基本的に自転車で行動しています。そのため娘が車を出して、一緒にスーパーに行ってくれるだけで本当に助かる! お米や油など、重たいものもためらわずに買うことができます」(50代/主婦)

・ 「ひとりだと用もなく外に出ようって気にならないんです。なので娘とブラブラ買い物に行くのが楽しいですね」(60代/主婦)

▽ 日用品を買いに行くときに、荷物持ちとしてついていくだけでも「助かる」と思ってもらえるそう。また娘との買い物は、お母さんにとって気晴らしになるそうですよ。母の日は一緒に買い物に行って、お母さんの欲しいものを買ってあげましょう!

プチギフト

・ 「母の日にカーネーションとネックレスをあげたら、すごく喜んでくれました」(30代/公務員)

・ 「随分前の母の日に娘がタオルケットをくれたのですが、いまでも使っています。物として残ると、そのときの気持ちが思い出せて良いですよね」(50代/パート)

▽ 相手に喜んでもらう鉄板の方法といえば、ギフトを贈ること。カーネーションはもちろん、お母さんが自分では選ばないようなプレゼントを贈っても良いかもしれません。また、逆に日用使いできるものでも、きっと重宝されるはず。お母さんの性格と照らし合わせながら、プレゼント選びをしてみましょう。

元気ならそれで良い!

・ 「娘は子どもの頃から病気がちだったので、健康でいてくれるだけで充分です」(50代/パート)

・ 「元気が一番! それ以外は何も望みません」(50代/主婦)

▽ 最後はこちら。やはりお母さんたちは子どもの健康を一番に願っているみたい。また「健康でいてくれたら、母の日に何もなくても気にしない」という人も多かったです。まさにお母さんの愛情を感じますよね。
自分の健康にも気を付けながら、いつまでもお母さんに長生きしてもらえるよう、恩返しができると良さそうですね。

特に気にしていないとあっという間に過ぎてしまいがちな母の日。お母さんに感謝をしつつ、今年は何かサプライズを計画してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]